韓国を‘不良国家’にした三星(サムスン)特許訴訟(ハンギョレ新聞/livedoor)
>  三星はアップルが自身の通信技術特許を侵害したという攻勢をかけている。 ここで問題は三星が主張する通信技術特許が標準特許だという点だ。 今回問題になった三星特許を標準化したヨーロッパ情報通信標準機構(ETSI)の知的財産権特別委員会委員長マインホールドの言葉を借りれば、特許と標準は指向するところがそれぞれ違う。 特許は私的な独占使用を意図する反面、標準は公衆の集団的使用を目標にする。 それで特許技術が標準として採択される場合、特別な規則を設けて両者の調和を試みる。

 ある特許が標準技術として採択されれば、特許権者をして当該特許を誰もが使えるよう強制する規則がそれだ。 (中略)

  標準を定める機構はある技術を標準として採択する前に特許権者に関連特許を公開させ第三者に公正で合理的で非差別的に特許技術を使えるようにするという宣言(FRAND(Fair, Reasonable and Non-Discrimination)宣言)をさせる。 その代わりに特許権者は使用者からロイヤリティーを受け取ることができる。 標準になって誰もが使うのでロイヤリティー収入が侮れない。

  特許権者はひとまずFRAND宣言をし終えれば、特許侵害訴訟で制約を受ける。 ロイヤリティーを払わなかった侵害者を相手に賠償請求することは可能だが、技術の使用自体を禁止することはできない。 アップルと三星の特許訴訟でもこれが問題であった。 三星がアップルを攻撃した特許は全て標準特許であり、これに対して三星はFRAND宣言をした。 それでも三星はアップルの製品に対して販売禁止を請求したのだ。 標準特許なのでアップルが特許侵害を避ける方法がないという判断のためと見えるが、標準と特許の調和を試みようとする原則に反する過度な主張だ。そのためか米国裁判所はFRAND宣言をした三星は特許侵害を主張できないというアップルの抗弁を受け入れた。 ところで韓国裁判所はアップルの抗弁を棄却し、三星の標準特許2件をアップルが侵害したと判断した。 これに対して、IT分野の特許紛争を専門的に分析してきた特許専門ブロガー フロリアン ミュラーは韓国が‘FRAND不良国家’になったと批判し、両国の通商摩擦まで憂慮している。 誰もが使えるようにするというFRAND宣言をした三星がアップルを相手にどうして標準の使用自体を禁止できるというのか?
(引用ここまで・太字引用者)

 この記事が書かれているのが左派のハンギョレ新聞で、財閥大嫌いというスタンスであることに留意する必要はあるでしょうが、それを置いておいても興味深い指摘です。
 韓国での裁判は「どうせ、まともな判決が下るわけがない」という思い込みがあったのでスルーしていたのですが、ここまで無茶苦茶だったとは想定外でした。
 サムスン電子の「うちの3Gに関する特許を無断使用している!」という主張は全世界から拒絶されている状況です。
 フランスでもアメリカでもそのように判例が出ています。
 FRANDは各社が自由に使えるからこそFRANDである意味があるのですが、それを無視して特許侵害による販売禁止命令を出せたとは。
 さすが韓国というべきでしょうか。
 全世界が韓国から孤立していってますね。

 そういえば、この特許紛争で以前の「シマノをぎゃふんと言わせた中小企業」を思い出したのですが、あれはどうなったんでしょうねぇ……。