Welcome to the 'Republic of Fakes'(FORTUNE/CNN)

 FORTUNE誌に韓国のどうしようもないパクリ癖をあからさまに馬鹿にした記事がありまして。
 それがなかなか面白いので翻訳してみましょう。

----

朴李たちの住む国にようこそ!

「創造性は重要だ。ただ、猿真似のほうがてっとりばやいけれども」 - Ken Ndaru 作家

 韓国の巨大企業サムスン電子がアップルのデザインをパクった悪名高い猿真似企業であることが8月25日の法廷で明らかにされてしまった。
 もっとも致命的な証拠だったのはモバイルコミュニケーション部の長であるJK Shinによる内部メモ。彼は「iPhoneのようなものを作れ!」とチームに命じていたのだ。

 実際のところ、中国と韓国はどちらも恥知らずな模倣品、そしていんちきやパクリ品で見事なまでの悪評を得ている。「時々冗談で韓国のことをパクリの国と呼んだりしますよ」とはソウルに住む作家にして評論家のKim Kyung-Sook氏の談。「ファン・ウソク(クローン技術捏造で逮捕された)もそうだし、セレブたちが身につけている高級腕時計やファッションまですべて偽物ですよ」

 さもありなん。アジアでのパーティというものは恥知らず共による偽物の博覧会の様相を呈しているほどだ。中国には偽物のアップルストアがチェーン展開しているし、偽物のフェラーリ、果てには日本のNECを詐称した物真似多国籍企業すら存在している。
 朝鮮半島もその面においてはなかなかの腕前の持ち主だ。スターペリャというスターバックスの偽物はあるし、もしかしたら2009年にクリントンが会ったキム・ジョンイルすら偽者であったかもしれないという。
 このまるで肥大した盲腸のように中国大陸からはみ出てしまった小さな国では、なによりも外見を似せることを大事にする。ある筋によると韓国の女性の62%は整形手術をしているという。

 この国では山ほどある知的財産と著作権に関しての、こういっただらしのない真実は驚くには値しない。サムスン電子は現在のところ50もの特許裁判を抱えている。知的財産に関する条約に加盟しているにもかかわらず、特許と著作権が山のように侵害されているのだ。KIPO(韓国知的財産局)によると、韓国国内と世界における特許侵害審判の数は2009年の154件から2011年の278件へとほぼ倍になっている。

 パテントトロールと呼ばれる特許権保有者を一部の韓国人は強力に非難している。要は彼らは国外から特許侵害で訴えられている数が圧倒的に多いのである。KIPO曰く、過去3年間の訴訟の75%が国外から持ち込まれたものであるという。

 2006年には5363件だった知的財産侵害による押収物は、去年には5万7005件になった。KIPOや韓国知的財産保護局は取り締まりを強力にしていると主張してはいる。しかし、そういった犯罪者は罰金を払っただけですぐに彼らの「ビジネス」に戻ってしまうのだ。ミネソタにある知的財産研究所のケネス・L・ポート教授はこの国の偽物ビジネスは非常に堅固であると主張しています。「韓国の偽物ビジネス、それも日本のものをパクったそれは非常に長い歴史を持っています」

 韓国は1995年からWTOのメンバーであり、数々の模造品輸出入に関する協定にサインをしています。にもかかわらず、偽物ビジネスが終わりはしません。「協定がしっかりとした目的のもとに結ばれているとすれば、韓国国内の偽物ビジネスは止まるか、多少なりとも少なくなるべきでしょう」とポート教授は述べている。「少なくともブレーキが作用するべきではないのか」とも。KIPOと韓国当局は取材に対してコメントを返そうとはしなかった。日本のジーンズメーカーEvisuが韓国の物真似メーカーに敗訴したことからも、その専門性というものがまともに信頼できそうにはない。

 なぜこれほどまでに偽物が多いのか? 教育システムの問題点が大きいと「ダイアモンドのジレンマ:21世紀の韓国の形」の著者であるTariq Hussainは指摘する。「韓国の教育システムは、韓国最大の病床である『ずる』と『賄賂』の苗床です」と説明する。「韓国では肩書きこそがもっとも物を言うのです。学位は特に。それらに必要以上に集中してしまうため、ルールを曲げたり、詐称すらしたりする誘惑に駆られてしまうわけです。時として詐称がばれて自殺に追い込まれることもあります」「剽窃は教育のすべての面で充満していますよ」とも付け加えられた。

 野心的なファン・ウソク教授のケースこそが、その典型例として挙げられるはずだ。彼は2005年にクローン実験を捏造して破滅した。そして現在、2人のソウル大学の学者が幹細胞研究を捏造し、雑誌に投稿したことで訴訟を起こされている。

 この国がとてつもなく革新を続けてきた歴史を持つことに異論はないはずだ。韓国人は西暦1230年に近代的な印刷システムを構築したと主張している。グーテンベルグに先立つこと一世紀だ。この主張はsuperiorな(訳注:superior=優秀なという意味と、傲慢なという意味を併せ持つ)韓国人の活字職人がさらなる新技術を探しにヨーロッパにきたことで、西欧がはじめて世界を変革する技術を真似することができたとしているのだ(ま、ともあれそれで特許訴訟が起きたとは歴史には記されてはいない)。

----

 うーん、シンシアリーさんのように口語で訳したほうがよかったかな。
 でも、多少なりとも韓国を知っている人間にはこういう話が通用するわけですね。アメリカにおいても。
 それにしても「肥大した盲腸のような国」……か。
 こんな風に書かれていても、facebookの一般民衆はサムスン電子を支持しているんでしょうかね?
 というか、この記事によるとすでにパクリの悪評ってサムスン電子単体を超えたところに行っているというわけですよ。歴史捏造まで含めて。
 少なくとも悪いことじゃないと思いますね。ええ。