<サッカー>朴鍾佑、FIFAの懲戒留保でイラン戦先発の機会(中央日報)
> “独立闘士”朴鍾佑(パク・ジョンウ)が国際サッカー連盟(FIFA)の懲戒留保でイラン戦先発出場の機会をつかんだ。

事実8月にロンドン五輪で日本との3位決定戦勝利直後に独島(ドクト、日本名・竹島)パフォーマンスを行った朴鍾佑は今回のイラン戦に出られないところ だった。朴鍾佑は5日のFIFA賞罰委員会の結果によって出場停止を受ければイラン戦出場は不可能だった。だがFIFA賞罰委員会の日程が延期されイラン 戦でAマッチデビュー戦を行うことができるようになった。
(引用ここまで)

 FIFAやIOCの処分を待たずにメダリストへの恩恵である兵役免除、年金支給を決めたときも同様なのですが。
 今回のA代表への選出も挑発行為になるということが分かっててやっているんでしょうかね?
 渦中にある選手をわざわざ、見せつけるかのようにA代表に初選出。おまけに「独立闘士」とかニックネームをつける。
 それまで常に選出されてきたプレイヤーであればともかく、FIFAの裁定が降りるとされていたわざわざこの時期に、わざわざA代表選出。
 あえてFIFAに敵対して、自分の立場を明確にしようとしているとしか思えないのですが。

 そういえばFIFAの裁定ってどうなったのでしょうかね。韓国でも報道がないところを見ると、まだ出ていないのでしょうが。
 オリンピックでこれだけのバカなことをやってくれるという前例がないので、どんな裁定が出るのかさっぱりなのですよね。