五輪サッカーで竹島メッセージの朴鍾佑,2試合出場停止と罰金(ロイター)
「独島メッセージ」韓国選手 出場停止に=FIFA(聯合ニュース)
Korea Republic’s Park Jongwoo suspended for two matches(FIFA.com)
>ロンドン五輪サッカー男子3位決定戦で日本を破った直後に韓国代表の朴鍾佑(パク・ジョンウ)選手が政治的メッセージを掲げた行為に対し、国際サッカー連盟(FIFA)は2試合の出場停止処分を下した。
FIFAはスポーツ精神に反した行動を取ったとして、朴選手に3500スイス・フラン(約31万円)の罰金も科した。同選手は竹島(韓国名は独島)の韓国領有を主張するメッセージを掲げた。

このような行為が繰り返された場合、より厳重な措置を講じるとFIFAは韓国サッカー協会に対し警告した。
(引用ここまで)

 韓国のマスコミでは「この2試合の出場停止は軽い処分だ、銅メダル授与は確定的」としてますが……どうでしょうかね。

 2試合の出場停止、というところにちょっと意味がある気がしています。

 FIFA.comの文章の最後に「According to art. 118 of the FIFA Disciplinary Code, this decision cannot be appealed against and is therefore final and binding.」とありまして、簡単に訳すと「118条の規定により、この決定に関して上訴を受け付けず、最終的に決まったものであり拘束力を持つ」と いうことです。
 というのはFIFA規定では3試合以上の出場停止となると、抗議することができるのですよ。FIFAが抗議を受理すると処置はいったん棚上げにしなくてはならないという規定がありまして。
 そうなるとこの処置をまた止めなくてはならない。つまり、IOCに処分内容を送ることができないのです。
 FIFAが「処分を固定する」ことを急いだという気がします。

 そして他の処分、たとえば暴言や暴力行為で「クラブには注意処分が行われた」というのは普通にあるのですが、「次にやったらさらに重い罰を科す」とわざわざ書いているのはちょっと目にしたことがないです。
 FIFA.com曰く、「The Korea Football Association was warned that should incidents of such nature occur again in the future, the FIFA Disciplinary Committee may impose harsher sanctions on the Korea Football Association.」――「韓国サッカー協会は将来においてこのような事象が生じないように注意しなくてはならない。さもなくばFIFA懲罰委員会 はさらなる罰を科すであろう」というところですか。
 この中のharshというのがかなり強い単語です。
 なので、これを「軽い処分だ」としているのはちょっと意味不明かなぁ……と個人的には感じます。

 そもそもが「独島パフォーマンスをしたのは違法な『政治行動』である」ということが認定されているんですが。
 逆にいえば、この処分が行われたことによってFIFAが竹島は領土紛争地域であると認めたというわけですよ。韓国としては「これは『ソウルは我が領土』と言っているのと同じだ!」だったはずなのに、有罪判決ですよ?
 正直、これで「軽い処分」とか「ほぼ無実」と言っているのなら「脳天気だなぁ」としか思えません。
 IOCの処分はまた別の話ですしね。