「激励のため腰たたいた」=報道官、セクハラ否定−韓国(時事通信)
元韓国報道官セクハラ疑惑を否認 「腰を1回突いただけ」

>尹氏によると、在米韓国大使館実習生の韓国系女性の仕事ぶりが良くなかったため何度も叱責したことから、7日夜、慰労の意味で運転手を含めた3人で飲酒。最後に実習生の腰を1回たたき、「これからも頑張れ」と激励したという。
 尹氏は「米国文化をよく知らなかったと深く反省しているが、性的な気持ちはなかった」と強調した。
(引用ここまで・強調引用者)

 おなじみの「文化の違い」キター!
 楽韓Webの読者の皆さんにはもうおなじみでしょうが、韓国人はこういう話をすべて「文化の違い」で納めようとすることがあります。
 過去エントリをいくつかご覧ください。

 ・留学前には必ず性教育を…韓国小学生が児童虐待で逮捕
 ・ショートトラックで「韓国の英雄」ことキム・ドンソン、アメリカで児童に暴力
 ・ミスコンセクハラ騒ぎ、韓国でも大きく報道され、「国に恥をかかせた」と騒ぎに

 そもそも文化の違いを知らない人間が大統領府報道官として、アメリカに渡るっていうこと自体どうなんだっていう話なんですが。
 いつものように「ローマに行ってもローマ人が韓国人に従え」ですか。
 こうやって犯罪行為を否定しているんだったら、アメリカから召喚されてもしょうがないですね。
 しかし、パク・チュヨンをはるかに上回る速度での夜逃げ具合でした。
 素直に認めておけばいいものをこうやって問題を無理にこじれさせて、メンツだけを全面に押し立てる手法はアメリカには通用しませんよ。
 日本にだってこれからは通用しないでしょうにね。