韓国GPは今年が最後?(ESPN F1)
ベッテル「韓国GPは今年が最後と聞いている」(AUTO SPORT Web)


>マクラーレンのスポーティングディレクターを務めるサム・マイケルは「現在の開催地の中で韓国以上に悪いところは考えられない」と認める。

観客やスポンサーの来場が少ない現実の良い面といえば、「一年の中で一番リラックスできる週末」であることだと明かすのはメルセデスのルイス・ハミルトンだ。
(引用ここまで)

 ……以前も書きましたが、F1のドライバーやディレクターからこういう話がされることってほとんどないのですよね。
 実際に危険があったりすれば別ですが、「運営が悪い」とか禁忌に近い言葉といってもいい。
 それなのに、こう堂々と批判できるということは、もうこういう言葉が『解禁』された→来年はもうないって判断してもいいのかな。

 韓国GPというものを象徴していたのが、マーク・ウェバーのもらい事故ですね。
 まずマーシャルがこない。
 もしも、シートベルトが外れないような事態であったらと思うとぞっとします。
 で、ゆったりとマーシャルがやってきて、粉末消火器を噴霧。
 フジで解説していた森脇氏曰く「あれやられると、パーツ全部ダメになるんですよ。最悪だ!」とのことで、エンジン・ギアボックス周りが完全死亡。

 ウェバーはベルギーGPでギアボックスを取り替えたばっかりだったので、ヘタしたらこれで5グリッド降格。エンジンも交換になったらさらに10グリッド降格。
 こんな降格があってもいいもんなんでしょうか(笑)。

 おそらくオイルリークで、まともに消火されていたらエンジン・ギアボックス本体は無事か、パーツ交換くらいで済んでいたでしょうにね。
 一応、レッドブルの公式サイトでルノーのエンジニアはは「まだ再利用できるかどうかは分からない」って言っていますが。

 そうそう、公式で思い出しましたがチーム代表のクリスチャン・ホーナーは、サイトの公式コメントで――
> It was somewhat frustrating to see our car on fire for what seemed to be an age.
(引用ここまで)

 「我々の車が燃えるに任せられているのを見せられるのはフラストレーションのたまる出来事だったよ」と、言外にマーシャルの行動の遅さをあげつらっています。

 4年間、レース開催もほとんどなくてまともなマーシャルに育成することができなかったんでしょうね。
 これがすべてを現していると思いますよ。

幼虫育成用 栄養強化フード 100g
幼虫育成用 栄養強化フード 100g