「八百長組織、J1に接触」 「協力得られず」構成員、国際調査員に証言(朝日新聞)
> 世界的に広がるサッカーの八百長問題で、シンガポールの犯罪組織が、Jリーグのクラブ関係者に日本で接触を図った疑いが浮上した。国際的な調査員が朝日新聞の取材に明らかにした。
 この調査員によると、シンガポールで内偵捜査を進めていた2013年2月、ある犯罪組織の構成員から「自分のボスが数年前、Jリーグのクラブに八百長への協力を求めるため日本に行った」との証言を得た。
 日本で接触した相手が選手かスタッフか、代理人かは明らかにしなかったが、ボスに近い関係のこの構成員はJ1の強豪クラブの名を挙げ、「ボスはそのクラブに接触したけれど、(協力を得られず)断念した」とも話したという。(中略)
  この調査員は、八百長撲滅のため国際サッカー連盟(FIFA)に昨年まで雇われていた人物で、今も各国警察や国際刑事警察機構に依頼されて世界中の八百長 組織を追っている。朝日新聞の取材に対し、調査員は「自分が証言を得た犯罪組織の構成員は、情報源としては信頼が置ける」と語った。構成員は「ボスは日本 での工作が難しいと知り、中国に渡った」とも証言したという。
(引用ここまで)

 Kリーグだけでなく、韓国のプロスポーツのほとんどを覆った八百長禍がありました。

 楽韓Web カテゴリー Kリーグ八百長禍

 おそらく同じブローカーと思われる連中がJリーグにも手を伸ばしていたのですね。
 だけども、Jリーガーが手を貸すことなく、八百長は成立せずに終わったと。
 ヤマトオノコ、ですね。

 ま、もちろんそういった「日本人の持つ規律性」もあるでしょうけども。
 基本的にお金を充分もらえているという側面がある、むしろ大きいのはこちらのパラメータであるのは確かでしょう。
 とはいっても、Kリーグの選手というのはそれなりのサラリーをもらっているのですけどね。
 まあ、最低年俸は180万円(これでも倍になった!)ですし、市民クラブとかだと一気にサラリーが低くなってしまう上に、ドラフト制なので自分が行きたいクラブを選ぶことができない。
 さらに3年毎の強制契約方式なので、移籍の条件がめちゃくちゃ厳しい。
 このあたり、2部制になって改善されているんでしょうかね。

 賭けの対象になるスポーツ選手には充分な報酬を与えろ、ということですわ。

        ポチ袋 「賄賂」