名前さえ漢字で書けない韓国人(朝鮮日報)
【萬物相】漢字を知らない韓国人(朝鮮日報)

> 1970年に「ハングル専用政策」が始まってから44年。今や、小学校で漢字を学んでいない最初の世代は50代に差し掛かった。20−30代はもちろん、40代すらも漢字になじみがない時代になったということを意味する。

 ソウルで暮らす成人男女の47.8%が、子どもの漢字名をきちんと書くことができない一方、この問題を深刻に感じて小学校の漢字教育に賛成する保護者は 89.1%に達する、という統計結果もある。基礎的な漢字の意味を知らないため、意味が通じない「不通」現象が起こり、「漢字を知らないため知識拡張の道 が閉ざされている」という深刻な問題提起もある。「漢字が分からない」現象をこれ以上放置していれば、測定不可能な社会的損失が生じるというわけだ。 (中略)

 大学教授のB氏は少し前、学生に課題を出す際「なるべく漢字を多く使うように」と指示した。学生たちは、課題の表紙に自分の学科を「行正学科」(正しく は行政学科)、「火学科」(正しくは化学科)などと書いて提出した。「自分が専攻の学科で一体何を学んでいるのかすら知らない」というわけだ。別の大学で 中文(中国語・中国文学)科の教授を務めるC氏は「大学4年生になっても、大韓民国を『大朝民回』と書くありさま」とため息をついた。

 大学院生も例外ではない。E教授は「助教(教授の雑務を手伝う大学院生アルバイト。日本でいう「助教」とは異なる)に『図書館に行って、国語学概論を探 してくるように』と言ったら、手ぶらで戻ってきたことがあった」と語った。開架式の図書館で、書架をいくら探してみても、そんな本はなかったという。D教 授は「漢字で国語学概論と書かれたタイトルを読めなかったためだということを後で知った」と語った。

 「漢字が分からない」状態の最大の問題点は、「知識の拡大」が不可能になり、知識を広げる道が閉ざされてしまうことだ。成均館大学中文科のチョン・グァ ンジン教授は「漢字語は韓国語の語彙(ごい)の70%、学術用語の90%以上を占めているのに、それを教えないというのは、近道があるのに回り道をするよ うなもの」と語った。数学の場合、「楕円(だえん)」が「長めの円形」、「二等辺」が「2本の辺の長さが等しい」という意味だと知っていれば、単語から概 念を把握し、入っていけるのだ。
(引用ここまで)

> 「朦朧(もうろう)」という単語がある。辞書には「ぼんやりしていること」と書いてある。朦とは「月が昇るときのちらつき」、朧とは「月が沈む ときのちらつき」のことだ。そのため「朦朧」とは、夕暮れや明け方ごろ、月の周りが白っぽくかすんで輪郭が分からない状態のことを指す。「朦朧」は、韓国 ではほとんど固有語のように使われており、あえて漢字で表記する必要はない。しかし単語の由来を知れば、意味は一層はっきりと理解できる。

 大多数の韓国人は、こうした言語の面白みを十分味わえずにいる。学校では40年以上も漢字教育が行われず、漢字を理解できない状態になっているからだ。 北朝鮮の攻撃で爆沈した韓国海軍の軍艦「天安」は、哨戒艦だった。地方のある国立大学で、国文科の教授が講義中、哨戒艦とはどのような任務を帯びた船かと 学生に尋ねた。正解したら成績に5点プラスすると言ったが、誰も答えられなかった。「見張りの哨」「警戒の戒」ということを知っていれば、簡単に点数をも らえる問題だった。
(引用ここまで)

 ……まあ、いくつかの具体例を交えつつ書いていますが。
 こうなるべくハングルで教育してきたのだから、そうなるのは当然なのですよね。

 一般人に漢字を書かせると、外国人が書くそれになってしまう。いくつか例がありまして。

一般的と思われる韓国人による漢字の書き方
[芸能]ユンホとチャンミン「東方神起はSMエンタで活動」(聯合ニュース)

 もう、一般の韓国人にとって漢字が一般的なものではないというのが、こういう書き方から分かってしまいます。
 その他にも医学用語を韓国語として書き換えたら、まったく意味不明になってしまったので元に戻したという話もありました。
 それを批判するようなコラムが掲載されたこともありましたね。
 ちょっと前までは法律書は漢字ハングル混じりで書かれていたといいます。ノ・ムヒョン政権下でハングルにされてしまったのですが。

 このことから分かるのは「漢字はある程度以上の学力を持つわずかな韓国人にとって必要とされている」、そして「他の大多数の韓国人にとってはもはや自分の名前すら書くことができない」という分割された状況。
 漢字の必要性に気がついた人間、もしくはそういう人間を親に持つことができた人間だけが国語に対しての理解力を深めることができるわけですね。
 上層と下層がさまざまな面で混じることなく、分割されたまま。 まさに韓国そのものの姿を反映していると思いますね。

 ま、そもそもハングルだけで書かれたものなんて読めるわけないんですよね。ハングルだけで書くと同じ内容が数倍にふくれあがるというのは歴史共同研究委の報告書で確認しましたが、意味なくページ数が増える、文脈から単語の意味を類推しないといけないなんてアホの所業ですわ。
 そんなハングルですが、文字オリンピックでは金メダルを受賞しているので、韓国人はずっとハングルオンリーで使い続けるといいと思うんだ。
 韓国に向いていると思いますよ。いろんな意味で。