ミャンマー空港事業、新空港は韓国勢が受注 日本勢は競り負け(日経新聞)
   ↓
ミャンマー、空港建設で日揮・シンガポール企業連合に再協議申し入れ(ロイター)
【ミャンマー】新空港開発の交渉決裂、日本企業と話し合いへ(NNA)

>  2018年の供用開始が予定されているミャンマー最大都市ヤンゴン近郊のハンタワディ国際空港の開発に向けた韓国の企業連合とミャンマー政府との交渉が 決裂した。空港の旅客取り扱い能力に関する双方の主張の溝が埋まらなかったためだ。ミャンマー政府との交渉権は、空港開発プロジェクトの入札で次点だった 日揮とシンガポールのチャンギ空港の連合に移る。日本企業が受注できる可能性が高まってきた。
 運輸省のナイン・トゥン航空局長がこのほど、韓国勢との交渉が決裂したと明らかにした。ミャンマー政府は韓国の仁川国際空港公社の連合と3回にわたって 開発に向けて議論。ミャンマー政府が年間1,200万人の旅客取り扱い能力に対応した空港の建設を求めたのに対して、韓国連合は1,000万人が妥当と主 張し、最後まで折り合いがつかなかった。
 両者の交渉は昨年8月に実施された新空港の建設・運営権入札を韓国連合が落札した直後から行われてきたが、11月に入って意見の食い違いが表面化した。 韓国連合が当初1,200万人としていた新空港の利用者見込み数を交渉の途中で1,000万人に下方修正したためだ。韓国連合はまた、ヤンゴン国際空港の 拡張計画の見直しも併せて主張し、ミャンマー政府との関係が一気に悪化した。
(引用ここまで)

 ……えーっと、つまりこういうこと?

韓国のジョイントベンチャーがミャンマーで年間使用者1200万人規模の空港建設を落札。
  ↓
韓国JV、なぜか「この空港は1000万人規模だろ」と主張をはじめる。
  ↓
ミャンマー政府と3回に渡って協議も決裂。
  ↓
日本・シンガポール連合におはちが回ってくる。

 ……なんで落札した施工者側が1000万人規模にしろなんて言い始めるんでしょうかね。
 ミャンマー側から「やっぱりこうしてくれ」って頼まれるのであれば普通まではいかないにしても、まああり得ることですが。

 ……ピコーン!

 最初から1000万人規模のつもりの金額で入札して、落札してから交渉でどうにかしようってことか!
 ゲスパーですが、まず間違いなくコレ。
 UAEへの原発売り込みでいろいろと失敗したので、うまくやろうとしたのかもしれませんが。
 そもそもが落札自体がだまし討ちじゃこういうオチになりますよね……。