サムスン採用方式を改変…200大学総長に推薦権も(中央日報)
「大学の序列化助長する」…反発で白紙化されたサムスンの採用実験(1) (2) - (中央日報)
【社説】サムスン事件が見せた韓国の葛藤構造(中央日報)
【取材日記】「平等主義」に挫折したサムスンの採用実験(中央日報)


 サムスン電子が1回の就職試験に10億円の経費がかかることに耐えかねて、新卒のエントリに新機軸を取り込もうとしたそうなのですよ。
 大学ごとに受験できる人数を割り振って、その枠に対して大学側から推薦してもらおうという方式だったそうです。
 で、それに対して一斉に「サムスン電子が大学を序列化するのか!!!1」と一斉に反発が出て、結局はそれまでの方式のままということに。

 特にきつかったのが、割り当てが少なかった地方からの反発だったそうで。
 記事中に「湖南」とありますが、要するに全羅道のことで。昔から被差別地域として知られているのでよけいに反発が大きかったようですね。
 最後のほうの記事に「落ち着いてみれば平等な割り振りなのだが……」ってありますが。

 サムスン電子に就職できるかどうかは韓国において両班になれるかどうかの瀬戸際。
 Fラン大学から採用されることは実際にはありえない状況なのですが、「可能性まで摘まれるのは忍びない」ということなのでしょう。

 しかし、こういう反応やそもそもやろうとしていることもなのですが、「サムスン電子こそ国家」なんですね。もはや。