朴大統領 “公共機関の負債は4大河川整備が要因”(KBS WORLD)
> およそ500兆ウォン、47兆円あまりの韓国の公共機関の負債について、朴槿恵(パク・クネ)大統領は25日、李明博(イ・ミョンバク)前政権が進めた4 大河川整備事業が原因であると指摘しました。朴大統領は、就任1年を迎えた25日、国民向けの談話を発表し、「経済革新3か年計画」を打ち出し、実現する ための取り組みの一つとして、公共部門の改革をあげています。
この中で、朴大統領は、李明博前大統領が進めた4大河川整備事業について触れ、「公共部門では長い間、非正常な慣行と低い生産性が固着している。22兆ウォンが投入された4大河川整備事業のように、政府の財政負担を公共企業に転嫁させ、 健全性を悪化させることが少なくなかった」と指摘しました。
また、朴大統領は、今月10日の首席秘書官会議でも、公共機関の負債について、4大河川整備事業などを無理に推進したために抱え込んだのも事実だと述べ、4大河川整備事業が要因の一つになっているとの考えを示しました。
4大河川整備事業については、朴槿恵政権発足後、検証を求める声が強まり、発足した「4大河川整備事業調査・評価委員会」が来月から現場調査を始め、年末にも調査結果を発表することにしています。
(引用ここまで)

 こういうのを見ると、韓国の政権交代というのはまさしく易姓革命なのだなぁ……と思いますね。
 同じ政党から出ている大統領のはずなのに、政策の継承とかまったくなし。
 むしろ、「○○となっているが、それは前任者の責任!」って言い放って終わり。

 ま、セヌリ党の中でもイ・ミョンバクの派閥と、パク・クネの派閥は党内でも対立していて、前回の総選挙でイ・ミョンバク派はほとんど消滅してしまったのです。
 ま、そんな事情なんて国民は知ったこっちゃないですけどね。
 前任者のイ・ミョンバクのせいだって言われたって、イ・ミョンバクにもノ・ムヒョンに対しての言い分があるでしょう。ノ・ムヒョンはすでに死人に口なしですが。

 そもそもが公社負債が500兆ウォン規模であるなんてこた、1年も前に分かっていたことなのですよ。
 そんな風に「原因を究明しました!」「前任者の推し進めた事業のせいです」なんて言われたところでどうしょうもないのです。
 お得意の「創造経済」でその負債をどう減らしていくのか、あるいは増やすにしてもそれをどう内需に転換するのか。
 そういう話こそするべきだと思うのですけどね。

 増えていく一方の公社負債をどうにかできるのであれば。