韓国社会の「影」 生活苦による一家心中相次ぐ(聯合ニュース)
自殺死亡率が20年で3倍に 経済的な悩み多く=韓国(聯合ニュース)

> 死亡原因統計によると、2012年の人口10万人当たりの自殺者(自殺死亡率)は28.1人だった。

 1992年の8.3人から、アジア通貨危機の余波を受けた1998年には18.4人に増えた。2002年が17.9人、2007年が24.8人で、2011年に31.7人まで上ったが、2012年は小幅低下した。

 経済協力開発機構(OECD)の基準で算定すると、2012年の韓国の自殺死亡率は29.1人でOECD加盟国のうち最も高い。加盟国平均(12.5人)の2.3倍にあたる。

 韓国は2000〜2010年の自殺死亡率の増加ペースもOECD加盟国で最も高いことが分かった。韓国とポルトガル、チリ以外の加盟国はマイナスだった。

 韓国での自殺の原因はさまざまだが、経済的な苦しみが大きいといえる。統計庁が2012年に15歳以上を対象に実施した社会調査によると、最近1年間に深刻な自殺衝動を感じたことがあるとの回答は9.1%で、このうち経済的な苦しみを挙げた人が39.5%を占めた。
(引用ここまで)

 日本は統計によってもゆらぎがあるのですが、2012年の10万人あたりの自殺者は20〜21人の間といったところ。
 まあ、ぶっちゃけ低くはない。
 けれども韓国のそれは日本の1.4倍にもなっているという事実。

 統計のある国ではリトアニアだけが韓国を上回っているというほど。
 何度か書いていますが、韓国という国は本当に影が濃すぎるのですよ。
 通貨危機当時よりもはるかに多い。
 これが韓国社会というものが、21世紀に入ってからどういった経緯を描いてきたのかという実際の姿であると思いますね。

 まるで「笑えないびんぼっちゃま」ですよ。キツい姿ですわ。