独島は韓米防衛条約の適用対象=韓国外交部(聯合ニュース)
> 韓国外交部の趙泰永(チョ・テヨン)報道官は24日の定例会見で、「独島は韓米相互防衛条約上、韓国の行政支配下にある領土に含まれる」との認識を明らかにした。

 韓国の領土である独島に対し、外国が武力を行使する場合、米国は共同対応する義務があるとの考えを示したものと受け止められる。条約は条約当事国の領土に対する武力攻撃に共同で対応するよう定めている。

 日本を訪問中のオバマ米大統領は日中間で紛争がある尖閣諸島について、日米安保条約の適用対象になるとの考えを示した。

 趙報道官はオバマ大統領が来韓した際、両国が独島問題について議論するかどうか尋ねられると、「議論するのかや立場を明らかにする計画があるのかについては分からない」と述べるにとどめた。
(引用ここまで)

 オバマ大統領が来日して尖閣諸島についてはっきりと「日米安保条約の適用対象だ」と述べたことがかなりの重さになっているようですね。
 ここで重要なのはオバマ大統領自身が「適用対象だ」 って日本の国会ではっきりと述べたこと。
 日米の最高権力者が解釈の余地なく、かつその適用対象となる国で明確に述べたことがキモなのです。

 それに対して慌ててアピールしたのでしょうけどね。
 韓国の通商外交部の報道官ごときが「我が国の心証ではこうなっている」なんて言ったところで、その発言になんら重さはないのですよ。
 意義はゼロ。 

 むしろ、こんな風に表明するってことは「ああ、尖閣が安保適用対象っていう宣言は韓国にとってもかなり致命的だったんだな」って天下に向けて明らかにしちゃっているわけで。