現代自の中国工場、生産性は蔚山の1.6倍(朝鮮日報)
>  モジュール化と誠実な従業員らのおかげで、北京現代自工場の生産効率は世界で最高水準を誇っている。1台の車を生産するのに平均で17.8時間を要して いるが、これは韓国(28.4時間)より10時間以上も短い。韓国で10台を生産する間に中国では16台を作っているわけだ。昨年中国で現代自が市場シェ ア3位に輝いた秘訣(ひけつ)の一つといえる。

 また、従業員1人当たりの生産性も高い。生産ラインに投入される適正人員に対し、実際にどれだけの従業員が投入されているかを計算する編成効率では、中 国工場が平均90%、韓国工場が58%という結果が出ている。ある関係者は「韓国工場では10人ですべき仕事を17人で行っているが、中国ではこの仕事を 11人で行っているという意味」と説明した。中国人従業員の月平均給与が6300元(約10万3000円)と韓国工場の15%にすぎない上、従業員の平均 年齢が満26歳と若いのも魅力となっている。

 北京現代自は、車の生産が終わると組み立て不良を確認し、最終合格判定を下す「品質完結システム」を最近導入した。同工場での生産合格率(96%)は全 世界30カ所に上る現代自工場の中でも最上位レベルを誇っているが、この数字をさらに高めようというわけだ。生産性の高い従業員を「今月の優秀従業員」に 選び、激励金も授与する。

 カトリック大学の金基燦(キム・ギチャン)教授は「生産性の低い韓国工場は高級・先端自動車の生産基地として差別化しなければ生き残れない。労組がどれだけ協力するかがカギ」と話した。
(引用ここまで)

 モジュール化できているかどうかはかなり大きな要因なので、一概に生産効率がどうこうと言い切ることも難しいのですが。
 それでも単純な生産効率は1.6倍。
 そして給与は0.15倍。
 コストパフォーマンスで見ると10.7倍の生産効率があるというわけですね。

 というか、10万円ちょっとがヒュンダイの韓国にある工場の従業員の15%ってことに驚愕ですわ。
 ちょっと計算したら800万円オーバーじゃないですか。
 まあ、為替の変動もあるでしょうし、それなりの収益を上げているのでボーナスもあるでしょう。
 それにしてもなぁ……。

 そりゃ、工場従業員の地位を子供に継承させようとするわな。