アイデア商品売る韓国版「東急ハンズ」実現化へ(中央日報)
>「塩度計スプーン、芯のないホッチキス、折り畳み式かご…」。

今年の下半期には韓国内にもこうしたアイデア商品を売ることができる「韓国版・東急ハンズ」が誕生する見通しだ。民官合同創造経済推進団は26日「創意商 品流通チャンネルを構築して、創業成功の可能性を向上させることにした」と明らかにした。日本の東急ハンズのように独立店舗でアイデア商品を集中販売する 別途のオンライン・オフラインの流通チャンネルを作るという意だ。

多様なアイデア商品を販売する日本の「東急ハンズ」は1976年に生まれた。日本国内に29店舗があり、ここで販売される多様なアイデア商品だけでも30万品に達する。年間の来店者は200万人。売り上げは2012年基準で830億円に達する。

これまで国内ではアイデア商品を作っても流通チャンネルを確保できず、製品を売ることができないケースが多かった。
(引用ここまで)

 え、なんでわざわざ東急ハンズ(もどき)なんか作るんですかね。
 強力なIT網を利用してオンラインストアでもなんでも作ればいいじゃないですか。
 実際に楽天市場方式のインターパークという企業もありますしね。

 しかし、売る物にある「芯のないホッチキス」って……それってハリナックスですよね?
 「(韓国では)はじめて製品化しました」みたいな商品が山ほどありそうです。

 そういえば「円高を利用して中小企業の韓国製品を送り込もう。楽天市場を利用するぞ」みたいな怪気炎を上げていましたが、あの計画はどうなったかなぁ……。