Negative Views of Russia on the Rise(Globescan/BBC)
「世界に与える良い影響」韓国11位・日本5位=BBC調査(朝鮮日報)
> 英国BBCが国際世論調査機関グローブスキャンおよびFIFA(国際サッカー連盟)と共に実施した世界各国の好感度調査で、韓国は評価対象16カ国・地域のうち11位だったことが分かった。一方、北朝鮮は非好感度の順位でイランに続き2位だった。好感度が最も高かったのはドイツで、2年連続で1位となった。
 評価対象となったのは米国、ロシア、中国、韓国、日本など16カ国と欧州連合(EU)で、調査は2013年12月から14年4月にかけて24カ国2万4542人を対象にアンケート方式で行われた。

 アンケートは、評価対象の国が世界に与えてきた影響について「プラスの影響だったか」「マイナスの影響だったか」を尋ねる方式で行われた。

 好感度がドイツに次いで高かったのはカナダで、以下は英国、フランス、日本、EU、ブラジル、米国、中国の順だった。韓国は南アフリカ共和国に次いで11位だった。

 一方、非好感度の順位はイランが1位で、2位は北朝鮮、以下パキスタン、イスラエル、ロシア、中国、米国、インドと続いた。

 今回のアンケート調査はほとんどがクリミア情勢が悪化する前に行われたが、ロシアについてこれまでよりも否定的に見る回答が多かった。この調査は2005年から毎年行われている。

 ロシアを否定的に評価する回答は45%、肯定的な評価は31%だった。アンケート実施国のうちロシアを最も否定的に評価したのはケニアで、次いでスペイン、ブラジル、カナダだった。

 また、米国に対する否定的な評価はスペインが最も高く、ドイツ、ブラジルが後に続いた。米国とEUは以前に比べ非好感度が高くなった。

 韓国は非好感度では9位で、北朝鮮は好感度で15位だった。北朝鮮より好感度が低いのはパキスタンとイランだった。
(引用ここまで)

 みんなーっ、お待たせーっ!
 今年もBBC Pollの季節だよー!

BBC3130_M1M2_track1


 というわけで、今回はふたつの図表をピックアップしてみました。ひとつめは調査した国の「好感度の平均値」から「非好感度」の平均値を引いたもの。

 日本はプラス16。
 韓国はプラス5。

 日本はやや凋落傾向にありますが、韓国は低値安定。
 ま、それ以前に「好感」マイナス「非好感」がマイナス値になってしまう国も多数あるので、韓国の数値を一概に低いとは言えないのですが。
 上の画像にグラフがあるのは「ポジティブがプラスだった国」のみです。

 それでもOECD加盟国の中では最低の数値ではあります。
 毎度毎度思うのですが、韓国はOECDにさえ入らなかったらもうちょっと楽に各種の統計を見ることができたんじゃないでしょうかね(笑)。

 もうひとつの画像に行ってみましょうか。

bbcpoll2014

 いつもの韓国を「主として好感している(青)」か、「主として非好感(オレンジ)」のあれ。
 調査対象は23か国で、韓国を除いたポジティブがネガティブを上回っている国をピックアップしてみましょう。

 北米ではアメリカ(+21)。
 南米はなし。
 ヨーロッパもなし。
 東欧ではトルコ(+16)とロシア(+12)の2か国。
 アフリカではガーナ(+47)、ナイジェリア(+10)、ケニア(+8)の調査対象すべてでポジティブ。
 アジアでは日本を除いた調査対象でポジティブ。オーストラリア(+25)、インドネシア(+21)、中国(+8)、パキスタン(+8)、インド(+7)。

 今回の調査では2010年の韓国に対する調査開始から、もっともポジティブな結果になっています。
 なんと22か国中11か国がポジティブであるとの回答。これほどまでにポジティブのある国が出たのははじめてのことなのです。

 とはいえ、ひとつ上のグラフで見るように平均値でおととしよりも低くなっているのは理由がありまして。
 日本での好感度が圧倒的に低くなったから。 
 13:37でマイナス24。
 ちなみに去年の調査では19:28でした。 

 ふむ、現在の日本は大嫌韓時代であり、それがますます進行しているという認識は間違っていませんね。