これでいいのか「嫌中憎韓」 ブームの出版界に疑問の声(朝日新聞)
> 中国や韓国を批判する「嫌中憎韓」本の売れ行きが好調な出版界。憎悪をあおるような言説を疑問視しブームに対抗しようという動きが内部から出始めた。

 「中国や韓国を批判する週刊誌の広告の言葉遣いはひどい。電鉄会社に規制を求めるべきだ」

 「週刊誌を出す出版社を敵に回しては、作家も書店も巻き込めなくなる」

 東京都内の出版社の一室で4月下旬、大手から中小まで様々な出版社の社員約20人が議論を交わしていた。他国や他民族への憎悪をあおる言説に出版界の中 から歯止めをかけられないか。そんな考えからフェイスブックなどを通じて集まった「ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会」のメンバーだ。

 会社に秘密で参加している人も多く、今後どのような活動ができるのかはまだ未知数だが、事務局の岩下結さんは「今の状況をおかしいと思っている人が多い ことを示したかった。のろしをあげることに意味がある。今後も会合を開き、出版界全体で考える流れを作っていきたい」という。

 外交関係の緊張を背景に、中国や韓国を批判する本は昨年秋ごろから売れ始めた。今年上半期、新書・ノンフィクション部門の週刊ベストセラーリスト(トー ハン)には「韓国人による恥韓論」「犯韓論」など両国をテーマにした本が7冊、トップ10入りした。中でも「呆韓論」は10週連続で1位。濃淡はあるが、 いずれも様々な角度から両国を批判する内容で、売り場の目立つ場所で特集している書店も多い。

 こうしたブームに疑問を呈したのが、河出書房新社だ。先月、全国の書店に呼びかけて選書フェア「今、この国を考える」を始めた。「『嫌』でもなく、 『呆』でもなく」をキャッチフレーズに、「今読むべき本」として作家いとうせいこうさんら著名人19人が選んだ18冊を紹介。作家平野啓一郎さんは韓国の 政治思想史研究者による「帝国日本の閾(いき)」を、ジャーナリスト安田浩一さんは「ヘイト・スピーチとは何か」を選んだ。
(引用ここまで)

 と、「反ヘイト」を掲げようと思ったら、その反ヘイトが暴力容認の反社会的勢力であるとNewsweekにバラされてしまったところまでがワンセット。
 朝日新聞のやることなすこと裏目ってて面白いですね。
 で、今回も必死に「嫌中憎韓」って繰り返しているのですが、これは流行らないよ(笑)。
 誰が考えたのか知りませんが。

 嫌韓本をヘイトスピーチに位置させたい、自らの政治的位置に反するものを言論封殺したいという意図が見え見えなのですね。
 あ、それと登録しないと見られない部分が一番ひどいのでこちらも引用します。

>「反・嫌中憎韓」の動きは広がるのか。

 佐藤卓己・京都大准教授(メディア論)は影響力は限定的だとみる。嫌中憎韓本にはマスメディアの報道を疑う内容が多いといい、ブームの背景にはメディアリテラシー教育の影響があるとみるからだ。

 「教育現場では情報に批判的に接する姿勢が強調される一方、やみくもな批判は知的でないとは教えてこなかった。知識の裏付けを欠いた懐疑が陥る危険性が 十分に教えられていない。嫌中憎韓本の読者は、自分が批判的思考をしていると思い込み、真面目に読み続けるのではないか」
(引用ここまで)

 遠回しに『「嫌中憎韓」の本を読んでいる連中は自分が賢いと思ってやがるんだよ。バカのくせに』って言ってますね。
 そういう輩の話を一般大衆は支持しないのですよ。
 ヘイトスピーチをしている輩も支持しませんが、それを「我々は『反ヘイト』だ」ってうそぶいて暴力的に封じようとしている輩をより支持しない。

 一般大衆っていうのはうまく言葉にできなくても、そういう構造を敏感に感じることはできるのですよ。
 ま、朝日新聞はそうやって大衆をバカにして『反・嫌中憎韓キャンペーン』をやっていればいいと思いますよ。

韓国経済がけっぷち〜サムスンとともに自滅する韓国経済〜
元週刊東洋経済・編集長 勝又壽良
サンクチュアリ出版
2014-06-25