韓日漁業協議 今年のEEZ内操業条件合意できず(聯合ニュース)
>韓国海洋水産部は30日、2014年漁期(2014年7月1日〜2015年6月30日)の相互入漁の操業条件などに関する韓日間の交渉が合意に至らなかったと明らかにした。

 両国は毎年、韓日の排他的経済水域(EEZ)における相手国漁船の操業条件などを協議する。海洋水産部と日本水産庁はソウルで今月25日から3日間、相互入漁の許可隻数や漁獲割当量、操業条件などを話し合ったが、合意点を見いだすことができなかった。

 海洋水産部によると、両国の漁業者が操業を中断することがないよう、韓国は交渉妥結までの暫定措置として2013年漁期に準ずる操業を提案したが、日本はこれを拒否した。そのためEEZで操業する両国の漁船は30日中に自国水域に戻らなければならない。

 韓国は協議で、タチウオのはえ縄漁船の操業条件緩和とタチウオ漁獲割当量の拡大を要求した。しかし日本は自国水域での操業トラブルと資源減少を理由に、韓国はえ縄漁船に対する操業規制と漁獲割当量の縮小を提案した。
(引用ここまで)

 GPSを外させろ、絶対に許さないともめていた日韓漁業交渉が今年の猟期に間に合わず、決裂したそうです。
 これで日本のEEZ内では韓国漁船は操業できなくなりました。

 韓国側は暫定的に「去年に締結された漁業協定を延長」を求めてきたけれども、それすら拒絶。
 やりますね。
 これまでは「韓国に個人的につながりのある」議員とかが圧力を加えてきたこともあったのでしょうが、現在の大嫌韓時代で「こいつがやった!」ってやられたら次の当選すらも危うい状況。
 かつては韓国側からそういう「お願い」 もあったんでしょうけどね。
 もはや「日韓間の橋に火をつけられた」状況なので、そういうラインすらなくなってきたということですか。 

 やっぱり嫌韓新時代はいい日韓関係が続く時代なのですねー。