売春に手を染める韓国の高齢女性たち(朝鮮日報)
生きていくために性を売る高齢女性、韓国の貧困が生んだ「バッカスおばさん」―英メディア(レコードチャイナ)

> 「貯金も年金もなく、頼る家族も一切いない。彼女たちは自分の土地に住みながらも、目に見えない異邦人と化してしまった」

 英国の公共放送BBCが9日、インターネット版ニュースで「性を売る韓国のおばあさんたち」と題し、いわゆる「バッカスおばさん」の日常生活を報じた。

 「バッカスおばさん」とは、高齢の男性を相手に滋養強壮剤と共に性を売る女性のことだ(バッカスは滋養強壮剤の商品名)。

  この記事では、ソウル地下鉄の鍾路3街駅の階段で滋養強壮剤を売るキムさん(71)を取材し、韓国の高齢者の貧困問題について報じた。この周辺で滋養強壮 剤を売っている女性は約400人。滋養強壮剤の販売だけでは1日に5000ウォン(約500円)をもうけるのがやっとだという。キムさんは「一部の人々は 滋養強壮剤以外にも売っている。私にも男たちが近づいてきて(売春を)提案されるが、私はいつも断っている」と答えた。

 BBCは(鍾路 3街駅近くの)宗廟公園が高齢者たちの隠密な売買春の場所となっていると報じた。ここで出会った男性のキムさん(81)は「ここで友人と一杯飲み、女性た ちにも出会う。女性たちと寝るためには2万−3万ウォン(約2000−3000円)掛かるが、親しくなれば安くしてくれることもある」と話した。また、別 の男性は「酒を飲んで金をそっと渡せば事が始まる。男たちは年を取っても取らなくても、性的な魅力があってもなくても女性との関係を持ちたがる」と話し た。

 BBCは、高齢者の貧困と売買春が韓国社会の変化による現象とみて「韓国のお年寄りたちは経済成功の犠牲者」と報じた。韓国の高齢 者世代は一生懸命に働き、経済的奇跡を起こし、次の世代のため惜しまず投資した。「儒教社会で成功した子どもが最高の老後年金だった」というのだ。

  しかし、激しい競争社会に変わってしまった韓国で、子どもたちは親の世代を扶養する能力に欠けている。キムさんは「子どもに頼るのはばかだ。私たちの世代 は親の言葉によく従ったものだが、高等教育を受けた子どもたちは私たちの言葉を聞かない」と話した。また、他の女性は「金もなく、子どもも手伝ってくれな い。子どもたちも自分たちの老後に備えなければならない」と話した。

 BBCは、韓国の最新の携帯電話を宣伝する看板の前を通るお年寄りの写真を掲載した。最先端の製品を作って経済的な成功を収めたものの、高齢者の貧困問題は解決できない韓国社会の現実を物語る場面としてこの写真を選択したようだ。

 最後に「韓国の高齢者たちにとって食事代は高く、性は安い。どんな代価を支払ったとしても、人間のぬくもりを感じるのは簡単ではない」と報じた。
(引用ここまで)

 「儒教を社会のバックボーンとしている韓国は老人に優しい国です」と。
 その結果が世界最高の高齢者自殺率であり、バッカスおばさん。

 経済的弱者である高齢者に対して、厚い庇護を唱えて当選したはずのパク・クネも一年半でやったのは1ヶ月について1〜2万円ほど年金を上乗せしただけ
 それも所得制限あり。
 そもそも財源がないのでどうしようもなかったのが現実ですが。

 今後、福祉行政をよりよくすることも不可能。
 国会議員が提唱している福祉政策をすべてやると韓国の国家予算すべてを費やしても足りないというのが現実だったりします。
 人口ボーナスの枯渇が今年、どれほど甘めに見ても来年には終了する中、現状の施策じゃ税収が上がるわけがない。

 電力料金や鉄道料金を値上げしいて公社負債も減らさないとどうにもならない。
 どう見てもあと十数手で詰み。

 このおばさんの世代こそが漢江の奇跡の主役になり、韓国の経済成長期を築き上げてきたはずの年代なのですが、その結果がこれ。
 いわば韓国の象徴がバッカスおばさんなのですよね。 

バッカス 1
青木健生
日本文芸社
2013-11-08