日韓観光:「怒られっぱなしでは…」訪韓日本人客が急減(毎日新聞)
6月2日朝、日韓の旅行業界関係者が顔をそろえたソウル中心部のホテル会議室にピリピリした空気が流れた。日本側の全国旅行業協会(ANTA)会長の二階俊博元経済産業相が、韓国側に不満をぶつけたためだ。

 「現状の日本と韓国の関係は異常だ。全て原因は日本にあると、怒られっぱなしでは観光する気にならない。日本から観光客が減っているのは、分かりきっている。これをどう打開するかを日本も考えるが、韓国側にも考えてもらわなくては」

 二階氏の怒りには前段があった。

 前日、ソウル市内で開かれたNHK交響楽団のコンサート会場の周辺で、韓国の市民団体が二階氏を名指しして歴史問題に関する日本への要求をアピールしようとしたのだ。警備されながら会場入りした二階氏は、文化交流の場で政治的な主張が行われたことに憤慨していた。

 会議の場で初めて事情を知った韓国観光公社の卞秋錫(ビョン・チュソク)社長は「そうした状況があったことについては、おわびしたい」と応じるほかなかった。

 訪韓日本人客は、10年303万人▽11年329万人▽12年352万人−−と順調に増えていた。しかし、当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領が12年8月に大統領として初めて島根県・竹島(韓国名・独島)に上陸すると、同年の後半から減少し始めた。

 13年には275万人と前年比21.9%も減った。今年に入っても1〜4月のデータは前年同期比14.3%減で、歯止めはかかっていない。

 12年末からの円安で、日本人客にとって韓国での買い物が割高になったことも背景にはある。だが、韓国観光公社東京支社の担当者は、日本でのマーケティング調査の結果などから「要因としては両国関係の悪化の方が大きい」と断言する。落ち込みの大きさも、円安だけでは説明がつかないという。 (中略)

ソウル市の担当者は「日本人観光客は一時的に減っているが、民間レベルでは双方ともネガティブな感情を持っているとは思わない。ソウル市長も近く東京都を訪問する予定で、積極的に民間交流を促進したい」と意気込みを語った。
 パンダハガーの二階に言われてもなぁという部分は少なくないのですが。
 そもそも「怒られている」なんて感覚は皆無で、謂われのない嫌がらせをされているだけですよね。
 ま、それは置いておくとして。

 それにしても「日本人観光客は減っていない、円高局面から円安になったタイミングが竹島上陸に重なっただけ!」とかいう屁理屈を書いていた毎日新聞とは思えない記事です。
 なによりも面白いのが、韓国観光公社の東京担当者とソウル市の担当者の話している中身の違い。
 片や「円高よりも関係悪化の影響のほうが大きい」で、片や「両国民がネガティブな感情を持ってるとは思わない」ですからね。
 やっぱり、現状の日本において実際の空気を感じているか否かは大きな違いなのでしょう。
 肌で感じているのでしょうね。

 で、そう簡単にはこの状態が覆らないことも身にしみているのでしょう。
 引用していない記事の最後では「LCCなら2万5千円で行ける」というところに希望を見いだしていますが、普通の路線だってもはや2万円しないで往復チケット取れますよ。
 数量限定だったら燃油サーチャージ込みで1万5000円台もあるくらい。 

 それでいてこの状況なのですから、あとは推して知るべしですわ。