総事業費の2倍以上膨らませて... `75%の予算支援`釘を刺した所も(毎日経済/韓国語)
【コラム】平昌五輪招致から3年…安寧でない平昌(中央日報)

3回目にしてようやく招致に成功した2018年平昌冬季オリンピックが「お金を食べるカバ」に転落する恐れが出ている。平昌オリンピックに必要とされる国家予算が仁川アジア競技大会の12倍ともされている。税収不足に喘ぐ国家財政に大打撃を与えるという指摘だ。それに平昌オリンピック予算には国家が支援しなければならない負担割合を最小 75%で釘を打つ史上初めの立法装置が揃っていて財政政府の予算圏が事実上無力化された状態だ。

政府によると2018 平昌冬季オリンピックの総事業費は12兆8485億ウォン水準と予想される。このうち、国庫で支援しなければならない費用は57% 水準で 7兆3533億ウォン規模だ。江原道は政府に平昌オリンピック誘致承認を申し込む際、6兆6140億ウォンの総事業費を要求したが誘致以後、総事業費を約2倍に脹らました。9月に開催される仁川アジア競技大会には総1兆9748億ウォンの事業費が入って行ったが、こちらの国庫支援額は5936億ウォンで 30%にとどまった。
(中略)

一方、平昌オリンピック特別法では、国庫からの支援率を75%まで出せるという規定があり、「悪しき先例」になりかねないという指摘が出ている。この法律の35条には「国は大会関連施設の競技場の新築や改築・保守にかかる事業費については「補助金の管理に関する法律」第9条の規定にかかわらず、事業費の75パーセント以上をサポートすることができる」と規定してている。国の補助金の割合を決めておいている一般的な法規を無視して、個々の国際競技大会の国費補助率を別に定めるながら、財政当局の予算審査権が事実上有名無実になったわけである。
(引用ここまで)
こうした理由なのか、キム・ジンソン平昌組織委員長の顔にも疲れがあふれていた。行事に参加したトーマス・バッハIOC会長は「平昌を信じる」と力付けたが、スポンサーシップ目標額8000億ウォンの達成など課題は山積している。ここに最近のムン・ドンフ組織委員会事務総長の突然の辞任をめぐり内部不和説まで出ている。内憂外患だ。それでも幸いなことは平昌側もこうした問題を認識していたという点だ。IOCと平昌組織委の架け橋の役割をする限り欧州系委員は「平昌側から驚くほど率直な姿勢でサポートを要請している。これは効率的な問題解決に多いに役立つだろう」とささやいた。
(引用ここまで)

 中央日報の記事では、まず施設ができていない。2016年10月までにアイスアリーナができるはずの場所にはみすぼらしい鳥小屋。
 キム・ヨナが引退してまともに選手育成もできていない。
 有力選手が少なくてスポンサーが集まらない。
 800億円ほどをスポンサーフィーで賄いたいとしているのですが、まったく無理。

 ないないづくしでムン・ドンフ組織委員会事務総長が辞任。で、キム・ジンソン組織委員長も辞任
 ムン・ドンフって昔、テコンドーの協会会長をやっていた覚えがあります。
 しかし、組織委員会の事務総長も委員長も辞任って……。

 で、もうひとつの毎日経済の記事は国庫負担のきつさが語られています。
 オリンピックにかぎらず、これまでも韓国ではスポーツ大会を誘致しては国庫から費用負担をさせるというパターンを繰り返しています。
 リストがあまりにも面白いので翻訳してみました。

スポーツ大会

 大邱の世界陸上は「35億円で誘致できる! 国庫負担も5億円で充分」だったはずが、実際には360億円ほどかかって、国庫負担も110億円規模。で、なにも産み出さなかったっていう。
 こうして見ると、F1韓国GPはそれほど誘致予算から膨らんではいないのですね。まあ、サーキット周辺の不動産開発に失敗したのでよりダメージは大きかったかもしれませんが。

 仁川アジア大会もそれほど誘致時の要求額との差額がありませんが、国庫負担は倍増。 
 あの仁川ですからね、しょうがない。

 で、本番でもある平昌冬季オリンピックは誘致時の要求額から倍増、国庫負担も倍。
 現状の平昌冬季オリンピックの総事業費が12兆8485億ウォン、現在のレートで日本円にすると1兆3000億円ほどかかり、かつ国庫負担が7500億円規模。
 で、最大の国庫負担を75%にまですることができるっていうことで、最大負担は約1兆円。

 パク・クネの選挙公約でそれでなくても福祉予算で逼迫していて、かつ税収不足でふらふらなのに7500億円〜1兆円の追加負担。
 韓国の国家予算がだいたい35兆円前後。
 国家予算の2〜3%規模を負担しなくちゃいけない事態になりつつあるわけです。

 ああ、これを公共事業による景気浮揚対策と考えればいいのかもしれませんね。
 問題があるとしたら平昌は人口が1万人以下の邑なので、オリンピック後の波及効果が最低限ってことくらいでしょうか。
 しかも、施設は使い捨て方向。

 ま、一時的な景気浮揚効果はあるんじゃないですかねー(棒読み)。