慰安婦:朝日新聞が安倍首相に反撃「強制連行の証拠多い」(朝鮮日報) Web魚拓
> 朝日新聞は5日、1面を含め3面にわたり従軍慰安婦問題に関する特集記事を掲載し、慰安婦の強制動員を否定する安倍晋三首相と極右勢力を批判した。(中略)

 朝日新聞は「慰安婦問題の本質直視を」と題するコラムを1面に掲載し、「一部の論壇やネット上には、『慰安婦問題は朝日新聞の捏造だ』といういわれなき 批判が起きている」「被害者を『売春婦』などとおとしめることで自国の名誉を守ろうとする一部の論調が、日韓両国のナショナリズムを刺激し、問題をこじらせる原因を作っている」と批判した。

 朝日新聞は1980年代から90年代にかけての報道で、「慰安婦」と「挺身隊」という用語を区別せずに用い、証拠が裏付けられない証言を報じたことについては反省した。しかし、朝日は一部の誤りによって慰安婦問題全てを否定することができないとした。
(引用ここまで)
yoshidaseiji

 ……すごいな。
 なにがすごいって、慰安婦特集の一番上に来ている吉田発言の否定に一切触れていない。
 まあ、朝鮮日報は2012年に至っても「吉田氏の本1冊だけでも日本による慰安婦強制連行は充分立証されてる」とか堂々と記事を出していたくらいなので、自家撞着を起こさないため無視せざるを得なかったのでしょう。

 吉田証言が日本では完膚なきまでに論破されていることは、韓国ではほとんど報じられていないのですよ。
 都合が悪いので見えないふりをしているのです。

 ここから反転攻勢で、慰安婦問題は人権問題ではないという話を最低でも20年かけてやっていかなくちゃならんわけですよ。
 朝日新聞の罪は本当に大きくて、どこから手をつければいいのか分からない状況ですが。

 それでも河野談話検証は一歩として悪くないとは思います。
 あれがあったからこそ、頑なに吉田証言を(韓国のように)無視し続けてきた朝日新聞が「あの記事は間違っていました」って言い出したわけですしね。

●8月27日発売の告発書