サムスン、中国のスマホ市場で1位の座明け渡す(中央日報)
サムスン、ロジックICでも苦戦=WSJ(朝鮮日報)

> サムスン電子が中国のスマートフォン市場とインドの携帯電話市場で相次いで現地企業に1位の座を明け渡した。

市場調査会社のキャナリスが5日に明らかにしたところによると、サムスン電子は第2四半期に中国で1322万台のスマートフォンを売り、1499万台を 売った中国企業の小米に逆転された。サムスン電子の中国市場でのシェアも第1四半期の18.3%から第2四半期には12.2%に落ち込んだ。これに対し小 米のシェアは10.7%から13.8%に上昇した。3〜5位を占めた中国企業のレノボ(12.0%)、宇竜(11.7%)、華為(10.9%)もサムスン 電子のすぐ下まで迫っている。

サムスン電子はこれまで中国のスマートフォン市場で圧倒的な1位だった。しかしわずか1四半期でサムスン電子のシェアは6.1ポイント下落した。最大の原 因は価格だ。「アップルもどき」と冷やかされてきた小米のスマートフォンはオクタコアに最高級仕様のLCDとカメラを搭載したが価格は1900元(約3万 1587円)台だ。これに対し同様の仕様のサムスン電子「ギャラクシー」価格は小米の2倍に達する。

インドでも同じような状況だ。市場調査会社のカウンターポイントリサーチは第2四半期のインドの携帯電話市場でインドのマイクロマックスが16.6%のシェアを確保し、サムスン電子(14.4%)とノキア(10.9%)を抜いたと明らかにした。業界関係者は「低価格製品でニッチ市場を狙った中国・インドの企業が巨大な国内市場を踏み台に世界的ブランドへと変貌している」と評価した。
(引用ここまで)

>世界のマイクロプロセッサー市場は、サムスンのエクシノス、台湾積体電路製造(TSMC)、グローバルファウンドリーズなどが担っている。サムスンは昨年までアップルのスマートフォンとタブレット端末に使われるマイクロプロセッサーを独占供給してきたが、今年に入り、台湾の半導体メーカーが新たに参入してきた。

 同紙はサムスンの役員が最近「ロジックICの受注が低迷し、利益が減少している」と述べた事実を挙げ、アップルの発注先見直しによる減益を認めた発言だと指摘した。

 アナリストらは最近、TSMCの生産量が増え、サムスンのエクシノスの供給が目立って減少しており、サムスンのスマートフォン「ギャラクシー」ですら、エクシノスが最善の選択とは言えなくなってきていると分析した。(中略)

 サムスンは昨年、ロジックICで2030億ウォン(約202億円)の営業利益を上げたが、今年は8770億ウォン(約871億円)の損失が見込まれる。ロジックIC部門は2012年には1兆ウォンを稼ぎだしていたが、急激に転落した形だ。
(引用ここまで)

 サムスン電子が中国とインドのスマホ、携帯電話市場でそれぞれ首位転落。
 なんつーか全方位でダメ……なんですね。
 もちろん、まだまだ利益率にしても絶対的な営業利益額にしても圧倒的な巨人ではあるのですが。
 足下からじわじわと削りがはじまっているってところですね。

 ウォン高で追いこまれ、アップルとの訴訟で追い込まれ、iPhoneの部材供給から追いやられ、中国製品に追い込まれる
 アップルとの訴訟戦で「サムスンはアップルにとって重要なサプライヤーだから本気でやるわけがない」みたいな解説をしていた人もいたっけなぁ……。(遠い目)

 サムスンは去年あたりから「これからはソフトウェアだ!」って言い出して、迷走気味なので本当に「次」を見つけることができないんでしょうね。
 で、そこにイ・ゴンヒの昏睡と続いた……か。
 ウォン高、イ・ゴンヒ重体、中国製品の立ち上がり、アップルとの訴訟合戦……ありとあらゆるタイミングが悪いのですよね。
 企業業績が圧倒的に落ちるっていうのは、こういうタイミングが重なった時なのですが。

 アップルと蜜月を続けることができていれば、こんな事態にはならなかったでしょうけども。
 でも、ギャラクシーシリーズでアップルのドレスコードを盗まなかったらスマートフォンで巨額の利益を稼ぐこともなかった。
 んー、難しいところだな。