まくしたてた尹外相「この1年間よくない知らせ多かった」 日韓改善、遠い道のり(産経新聞)
 「久しぶりにお会いできてうれしい。今日は日韓関係の進展に向けて、率直な意見交換をさせていただきたい」

 会談の冒頭、岸田文雄外相は、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相ににこやかに語りかけた。日韓の国交正常化50周年を来年に控え、両国の関係改善の重要性を強調した。

 これに対し、尹氏の対応は辛辣(しんらつ)で、通訳もはさまずこうまくし立てた。  「この1年間の韓日関係を振り返ると、よい知らせより、そうでない知らせの方が多かった」

 その上で、両国間に横たわる課題に言及。安倍首相らの靖国神社参拝や教科書検定基準、河野談話の検証などをめぐる日本側の姿勢を批判し、「両国関係は大きく損傷された」と強調した。

 日本側の譲歩を促す場面もあった。

 「日本から真摯(しんし)な態度を実践的に示してもらえれば、韓国国民の心が開かれ、両国の間で複雑にからんだ意図も少しずつほぐすくことができる」

 しかし、日本は「条件付きなら首脳会談をしなくてもいい。会うだけなら意味がない」(外務省幹部)との立場を堅持している。

 自民党中堅は、隘路にはまりこんだ日韓関係の事情について、こんな見方を示した。

 「首相としても、譲歩したら国内の支持が下がる。妥協しない姿勢を示しながら、関係改善を進めるのは容易ではない。韓国は反日を掲げないと国内がもたない」
(引用ここまで)
誠意大将軍

 ま、日韓関係の原則はこれでいいでしょうね。
 韓国側から「こういう条件なら会ってもいい」っていわれて「そんなの意味がないから」で拒絶。

 会談に色をつけさせない。 
 河野談話の作成で失敗したのは、最初から韓国側の要望ありきではじめたことなのですから。
 
 で、韓国はこれまでのやりかたが通用すると思っているのですよね。いまだに。
 3つの条件を飲めだの、誠意ある措置が必要だの。

 日韓首脳会談が喫緊に必要かと言ったらそうでもない。
 APECだのなんだので自然に会うことがあればそれでもいいけど、別に会いたくないといっているものを引っ張ってきて会うつもりもない。
 日本の想定する「これからの韓国のつきあいかた」をよく理解してもらわないとなぁ……。