男児出生比が過去最低 娘望む家庭増加か=韓国(聯合ニュース)
男児出生比が過去最低…勉強・就職に競争力のある娘を好む傾向=韓国(中央日報)
>韓国で男児より女児を好む傾向が徐々に強まり、昨年の出生性比(女児出生数を100とした男児出生数)が過去最低を記録した。韓国統計庁が9日公表した。

 同庁が発表した統計によると、出生性比は昨年105.3で同統計を取り始めた1981年以降で最も低い。出生性比は1980年代初めに107前後を維持したが、1986年に111.7へと上昇。1990年に過去最高の116.5を記録した後、2000年まで110前後だった。

 1980年代からの「2人ばかり生んでよく育てよう」という家族計画キャンペーンの影響で男児が好まれる傾向が目立ち、性比が上昇したと分析される。

 2000年以降は、2001年に109.1、2003年に108.7、2005年に107.8と減少傾向に。2007年には106.2と初めて「正常範囲」となった。通常、103〜107なら正常の性比とみなされる。2007〜2013年は7年連続で正常性比が続いている。

 統計庁の関係者は「2番目の子供の性比が最も低い。第2子は娘を望む場合が多いようだ」と話した。
(引用ここまで)
 中央日報のほうには「娘を産んで本当によかったです」みたいな体験談がいくつかと、女性の進出が成功しているからというような事例が書かれています……が、実際には生前の性別検査が法律でかなり厳しく制限されたからっていうのが最大の理由です。
 違反すると最悪で「医師免許停止」というかなりきつい罰則だったので、望んでもやってもらえなくなったっていう。
 ただ、2008年だったかに性別検査禁止が憲法裁判所で違憲判断されて改正されたはずなのです。その後、具体的にどうなったかは話を聞かなかったですねぇ。

 もうひとつ、性別にこだわらなくなったのは「息子を産んで将来の面倒をみてもらおう」という、これまでの韓国のライフモデルが崩壊しているっていうのも大きな理由ですか。
 息子を産んでいい大学に行かせて、いいところに就職させて、老いた親の面倒を見させよう……というのがこれまでのパターンだったのですね。
 パターンっていっても2世代か、いいとこ3世代くらいしか続いていませんが。

 そのパターンが21世紀に入って崩壊した……というか、そもそも大学を卒業しても就職できるのは5割ですし、個人主義になってしまって親を省みなくなった。省みる経済的な余裕のある家庭もそんなないでしょうし。

 それであれば性別にこだわらなくてもいいんじゃないのっていうのが実際のところじゃないかなと。ま、きっかけはなんであれそれで女子を忌避するような傾向が薄れるのであれば、それはそれでよいことだと思いますけどね。