【社説】セ号遺族に見る韓国の歪んだ自画像(朝鮮日報)
>  17日に未明に発生した暴行事件の責任を取る形で、旅客船「セウォル号」沈没事故家族対策委員会の執行部が全員辞任した。現在までに明らかになっている事件の経緯はこうだ。キム・ビョンゴン委員長、キム・ヒョンギ首席副委員長など幹部や遺族5人は前日16日の夕方、ソウル・汝矣島で野党第1党・新政治民主連合の金玄(キム・ヒョン)議員と共に夕食を取った。この席で家族会のメンバーは酒も飲んだ。

 その後、一行は深夜になって運転代行を呼んだが、運転手が到着してから30分が過ぎても一行は出てこなかったので、運転手は「他の業者を呼んでください」と声を掛けてその場を離れようとした。すると遺族らは「国会議員に対してその態度は何だ」と因縁をつけはじめた。運転手が「国会議員にはぺこぺこしなければならないのか」と問い返すと、一行の一人が「お前は国家情報院の関係者だな」と叫んだ。当時の様子についてこの運転手は「わけの分からないことを言われたので抗議すると、4人の男性から集団で暴行を受け、止めに入った通り掛かりの若い人たちも殴られた」と主張した。これに対して遺族らは「われわれも暴行を受けた」と反論している。

 事件の正確な真相は後に警察によって明らかになるだろうが、何よりも国民を失望させたのは、この事件を通じて明らかになった遺族代表らの意識と行動だ。一行の一人はこの日、犠牲者を追悼するための黄色いリボンを胸に付けていたようだが、現場でこの黄色いリボンは、権力を思い通りに行使できる一つの印になっていた。通り掛かりの人たちから「警察を呼ぶぞ」と言われると、彼らは「俺たちが誰だか知っているのか」と大声を上げながら逆に絡んできたという。(中略)

 警察が現場に駆け付けると、遺族代表の一部は「病院で治療を受けたい」として現場から直ちに立ち去り、他の遺族も陳述を拒否し、後から警察に出頭する約束をして帰宅した。韓国社会の中で、警察にこのように勝手な振る舞いができるのは一部の特権階級のほかにはない。
(引用ここまで)
 一度、楽韓Webでも「彼らは最強の怪物となった」というエントリを書きましたが、まさにその通りの怪物らしい振る舞いをしています。
 韓国では権力を握った人間は、このように振る舞うものなのです。

 ハンファの会長が息子の喧嘩にボディーガードを引き連れてしゃしゃり出るように
 ポスコの重役が飛行機で「こんなラミョンが食えるか!」と暴れまくるように
 ピジョン(同名の日本企業とは 無関係)がヒットマンを雇うように

 李朝からこちら、伝統的に両班のような特権階級というものはそういうものでした。
 記事にあるように韓国では一部の特権階級は警察も無視できるし、法律もあってないが如しのものなのです。
 なので、被害者遺族を含めた特権階級がそのように振る舞ってもなんら不思議はありません。
 むしろうちの認識の中ではこうあるべきです。

 気に入らないものはぶちのめし、弱いものから金を巻きあげる。
 賄賂を受け取り、目上に上納する。

 その両班たるテンプレートに従っているだけですよ。
 実際に彼ら被害者遺族にテンプレートに従う権利があるかどうかは韓国人の間の空気が判断することでしょう。