最新鋭の水上救助艦に40年前のソナー搭載!?
> 韓国の技術で建造された最新鋭の水上救助艦「統営」(3500トン級)。同艦の中心装備である音波探知機(サイドスキャンソナー)が、1970年代に建造された救助艦「平沢」と同一の仕様であることが17日までに分かった。これは、1590億ウォン(現在のレートで約166億円、以下同じ)を投じて建造した「統営」の音波探知機の性能が、40年前と同水準ということを意味する。「平沢」は、1970年代に建造され米海軍で活動したイーデントン級救難艦を、退役後の1996年に韓国海軍が取得し、再就役させた船だ。

 監査院は今年5月から7月にかけて、国防部(省に相当)や防衛事業庁(防事庁)などを対象に、韓国軍の「防衛産業制度の運営および管理の実態」について監査を実施した。その結果、2010年に「統営」に搭載するサイドスキャンソナーの機種選定を行った際、合同参謀本部(合参)が要求した軍作戦要求性能を、防事庁が「平沢」レベルに無断で変更していたことが明らかになった。さらに防事庁が、2億ウォン(約2090万円)台のソナーを、特定の業者から41億ウォン(約4億2700万円)で購入していたことも判明した。

 座礁船の救助や沈没船の探索・引き揚げといった任務を遂行する「統営」は、2012年9月に進水し、運用試験評価を経て、昨年10月末に韓国海軍へ引き渡される予定だった。しかしソナーをはじめとする中核装備で次々と問題点が明らかになり、韓国海軍は現在も引き渡しを受けることを拒否している。このため「統営」は、今年4月の旅客船セウォル号沈没事故の際には救助現場に投入されなかった。

 監査院は、納品不正の容疑者を検察に告発する予定だ。
(引用ここまで)
  セウォル号の事故が起きた最初期この水上救助船があるのだけども、投入できないのはなんでだって話が出ていまして。
 当時は「船自体は完成しているけどまだ艤装ができてない」というように解説されていました。
 なので、うちも「艤装の済んでいない船なんぞ石のタヌキだ」と思っていたのですよね。

 しかし、本来であればすでに就航していなければいけないスケジュールだったのだそうですよ。
 でも、就航できていなかった。
 ふたを開けてみたら勝手にソナーを40年前の船と同レベルの仕様にした上、市価の20倍の価格で購入していたので引き渡し拒否ということでした。

 ……なーんだ、いつものことじゃないですか。
 対空砲だと思っていたものはただの鉄の管を取りつけたオブジェでしたし
 F-16の整備には廃部品が使われていました
 軍靴の接着剤は弱くてソールがはがれる始末

 原発やKTXでも同じようにあった、不正部品で差額をがめようとした例のアレ。いつものアレです。
 あまりにもいつものことすぎて、なんの感慨も覚えませんし、一切のコメントも浮かんできませんわ(笑)。

 この船が予定通りに就航していたら、セウォル号事故で活躍したのかっていわれてもアレですしね。
 現場にたどり着けないとか、電源系が全部おしゃかになってタグボートで牽引されているとか、ソナーを実践ではじめて使ったので運用がまともにできなかったとかなると思います。
 それが韓国社会というものですから。
 
トップをねらえ! Blu-ray Box
日高のり子
バンダイビジュアル
2012-02-24