第4回韓日慰安婦局長級協議が終了…「協議内容は明かせない」(中央日報)
慰安婦問題など巡り日韓局長級協議、継続は確認(読売新聞)

> 前回の協議で、韓国政府は4回目の協議の際に軍慰安婦問題を解決するための具体的な案を提示するよう日本に要求していたため、この日の協議では日本側の対応が注目された。 

  李局長はこれに関し「慰安婦問題の協議が行われているうちは具体的な内容を公表しないよう両国が了解している。このため詳しい話はできないことを理解してほしい」として明確な返事を避けたと伝えられた。 
(引用ここまで)

> 双方は、従来の主張を繰り返すにとどまった模様だが、協議の継続は確認した。

 伊原氏は終了後、外務省で記者団に「双方の関心事項について幅広く協議した」と述べた。李氏も「慰安婦問題を中心に前向きな協議を行った」と語った。

 冷え込んだ日韓関係を巡り、韓国側からは最近、改善を模索する動きが出始めているが、韓国政府は、首脳会談の前提条件として慰安婦問題の解決を求め続けている。日本政府は「法的に解決済み」との立場で、「韓国側が慰安婦問題にこだわり続ける限り、歩み寄りは難しい」(外務省幹部)との見方が支配的だ。
(引用ここまで)

 韓国側は「慰安婦問題について話し合いはしたが、内容は話せない」、日本側からも内容のリークはないようで。
 でも、読売新聞の引用部分を見ても日本側の対応はかつてのそれに比べると「冷徹」と言ってもいいレベルものになっているようです。
 ま、現状で慰安婦問題で日本が韓国からの要望を受け入れようものなら、国民から総バッシングを受けるのは目に見えています。

 どう考えても日本側からは手の出しようがない議題です。
 その一方で立場は180度逆なのだけども、手を出したくても出せないのは韓国も同じこと。

 なので、双方ともに「協議が決裂したのは相手の責任だ」と言って終わりじゃないかなと考えています。
 日本側は原則を貫いて、「もはや解決済み」と確認するだけ。  韓国側は「ニホンガー」と言い続けるための理由付け。いいガス抜きにはなるんじゃないですかね。

 意外とこれはこれで外交関係としては悪くないんじゃないかと思います。
 少なくともかつての土下座外交よりははるかにマシですし、健全ですよね。