韓国がF35Aを40機購入 製造元は17分野の技術移転(聯合ニュース)
韓国次期戦闘機F35Aは1210億ウォン…ステルス技術移転は抜ける(中央日報)

> 韓国空軍の次期戦闘機に選定されたF35A(米ロッキードマーチン社製造)の価格が1機あたり1210億ウォン(約127億円)に決定した。防衛事業庁の 関係者は24日、「次期戦闘機(F−X)事業規模は7兆3418億ウォン」とし「予算限度内で事業を推進するために戦闘機の価格を1機あたり1210億 ウォンとすることで米国側と結論を出した」と明らかにした。政府はこの日、防衛事業推進委員会を開き、このように購買価格を確定した。 F−X事業とは2018年から最新鋭戦闘機40機を導入する計画。2001年に当時の金大中(キム・デジュン)大統領が必要性を提起して始まった事業だ。 予算の確保と機種の選定のため13年間漂流し、今年に入って軌道に乗った。しかし戦闘機1機あたり1210億ウォンはあまりにも高いという指摘が出てい る。1210億ウォンで戦闘機40機を購入するには4兆8000億ウォンの費用がかかる。 (中略)

政府は米国からレーダー冷却技術、燃料タンク・エンジン火災を鎮火する技術など、17種類の核心技術を受けることにした。

韓国型戦闘機(KFX)開発に必要な200種類の技術も提供される。しかし核心のステルス技術はリストから抜けた。
(引用ここまで)

 以前から韓国空軍は異様に強気で、「KFXに必要なステルス技術の移転がないのであれば、F-35の購入を考え直すのもオプションだ」とか言い張っていたのですよ。
 F-35がどうしても欲しくて入札でなんの瑕疵もなかったF-15SEをキャンセルしたくらいなのにね。

 もちろん、アメリカ側には韓国の事情は筒抜けですから、「は、ステルス技術の移転とかなにいってんの?」でFMSで完成品供与。
 ちなみに日本は4割ていどの部品を生産するライセンス生産とノックダウンの中間ってところ。

 韓国空軍のF-35のメンテナンスとか、修理とかが日本担当になるというウワサもありますが、詳細はまだ不明です。
 韓国では「日本がメンテナンス担当なんて屈辱だ!」って話が出ているのですが、日本側もクレーム前提の客なんて担当したくないよなぁ……。