韓国の経常収支、30カ月連続黒字…「不況型黒字」の非常事態(中央日報)

> 29日、韓国銀行によれば今年8月の経常収支は72億7000万ドル(約7兆6000億ウォン)の黒字だった。7月の78億4000万ドルより規模は小幅 に減ったが黒字状況は続いた。2012年3月以降、30カ月連続の黒字だ。韓国銀行経済統計局のチョン・ジュン部長は「今年の経常収支を840億ドルの黒字と展望していたが、現在の傾向を見ると予定どおりに行っている」と説明した。今年に入ってからの累積の経常収支黒字は543億1000万ドルで昨年 1〜8月の記録(464億ドル)をすでに超えた。2012年一年間の累積黒字(508億ドル)規模も上回った。

経常収支の黒字を牽引しているのは商品収支だ。だが輸出がうまくいっているというよりは内需不振などで輸入が非常に減ったことであらわれる「不況型黒字」 の兆候が明確になっているのが問題だ。先月の輸出額は490億1000万ドルで1年前より1.7%減少した。輸入額は415億6000万ドルで同期間 2.1%減少した。
(引用ここまで)

 輸出額はウォン高もあって縮小。
 でも、輸入額はさらに大幅に縮小。
 ドルベースなので為替によって変化するとはいえ、これは厳しい現実ですね。
 って、不況型黒字……というか飢餓輸出自体は去年からの傾向なのですけども。

 ゆっくーりとではあるのですが、韓国の経済規模自体が縮小しつつあるのですよ。

 で、物価上昇率が1%台。
 利息も1%台。
 経済成長率は3%台(予想)。
 今年、甘い見方でも来年で人口ボーナスは終了。
 個人資産の7割を占める不動産価格は右肩下がり。

 これで経済成長しろってほうが無理ですけどね。
 すべての要素ががっちりと噛みあって、意地でも成長できないようにされているとでも言うべきか。
 ま、当分は不況型黒字でさらなるウォン高を招く以外にないでしょう。


張り子の虎 国内配送無料