「アメリカ人の好む国、好ましくない国」ランキング 日本の順位は?(livedoorニュース)
Which countries Americans like … and don’t(PewResearchCenter/英語)
>米シンクタンクのピュー研究所は、「アメリカ人の好む国、好ましくない国」の調査結果を発表しました。「好む国」1位はカナダ、日本は3位にランクインしています。

■アメリカ人の好む国、好まない国(カッコ内の数値は「好まない」と答えた率)

1位 カナダ   81%(9%)
2位 英国    79%(9%)
3位 日本    70%(20%)
4位 ドイツ   67%(16%)
5位 ブラジル  61%(15%)
6位 イスラエル 61%(26%)
7位 フランス  59%(24%)
8位 インド   46%(33%)
9位 メキシコ  39%(52%)
10位 中国    33%(55%)
11位 ロシア   32%(54%)
12位 サウジ   27%(57%)


出典 Pew Research Center
(引用ここまで)

FT_Like_Dont

 この記事の見出しを最初に見たときに「さて、韓国は?」と楽韓Webの管理人としては思うのですよ。
 「順位はどんなもんかな?」とか「また世界が韓国から遠ざかっていくのかな?」とか、いろいろとエントリをどうしようかと考えていました。
 で、その結果ですが。
 っていうか、もう上に出ているのですが。

 「調査対象でなかった」、というオチ。
 ……まあ、考えてみればBBC POLLでも当初は韓国って調査対象ではなかったのですよね。

 つまり、韓国の世界におけるプレスティージってそういうものなのです。
 取るに足りないもの、なのですよね。
 いくら「世界経済10位圏」と言い張っても、世界からの視線はこの通り。

 それがあたかも日本のカウンターパートであるような振る舞いをして、かつ他国からも同じような扱いを要求するから話がおかしくなるわけで。
 まあ、彼らの自尊心(実際には虚栄心)の中では日本と対等であると思いこみたがっているのですが、実際にはこう。

 ま、韓国人にとっては嫌われているというよりも、こういう扱いのほうが辛いところでしょうが、これが現実です。