最新観光スポットの隣は「違法コピー商品」だらけ(朝鮮日報)
>  「巨大な銀色のクジラ」と呼ばれているソウル市内の新観光スポット「東大門デザインプラザ(DDP)」前では、中国人観光客が歓声を上げながら記念撮影をしていた。その周りには集魚灯のように明るい白熱灯が一つ、また一つ。500メートルにわたり続くその明かりの下には、服や雑貨を売る屋台が二重三重に増えていく。23日夜、東大門ファッション特区の「夜市場」には最先端のDDPと「ノタ」たちが共存していた。ノタとは、東大門のファッションビルで観光名所の一つ「ドゥータ(斗山タワー)」にちなんで付けられた「露天商タワー(露天街)」の通称だ。

 同日午後11時30分、ソウル中部警察署刑事課の車がサイレンを鳴らして露天商タワーに到着した。「靴屋が摘発されたって」。露天商たちは騒然とした。車が止まったのはトッポッキ(もちの唐辛子みそいため)屋台の前だった。中部警察署知能犯罪捜査チームのオ・ジェシク班長がその横にある台の下に隠されていた黒い袋を開けた。グッチと書かれた靴が6点、フェンディが1点、ルイ・ヴィトンが4点、プラダと書かれたバッグが5点出てきた。警察に同行してきたコピー商品鑑別専門家の韓国衣類産業協会キム・ソジュンさんはその場で「偽物」と判定した。ソウル市中区庁の職員がすぐさまコピー商品の上に押収の予告文を貼る。「これは商標法上の規定に違反しているため、今から30分経過した後も所有者が現れない場合は刑事訴訟法に基づき令状がなくても押収する。2014年9月23日23:25」。取り締まり班が30分コピー商品の持ち主を待っている間、近くの店の人々は遠巻きに取り締まり官を見詰めていた。黒い袋を発見したのは、露天の間を歩き回っていた私服警官だった。捜査課長一行は私服警官から無線連絡を受けて駆けつけた。「警察が来た」という話はすぐに広まった。「店じまいだ! 終わり!」と店を畳む露天商もいた。11日からこの日まで13日間続いた取り締まりの様子だ。(中略)

 取り締まりが強化されていることから、露天商の対応もかつてないほど機敏になった。中区庁のチョ・ドクジン市場経済チーム長は「今は類似商標のものだけ露台の上に並べるケースが増えている」と語った。類似商標とは、「ナイキ」などのロゴをコピー商品にそのまま入れるのではなく、「ナイス」などのようによく似た形で入れた商品のことだ。本物と同じブランドロゴを付けているコピー商品は現場ですぐに取り締まることができるが、類似商標の場合は商標権者が申告しなければ処罰できないという「法の盲点」を突いた物だ。

 取り締まりを避けるため、コピー商品をトッポッキ屋台に隠したり、さらには生ごみ用のごみ箱と一緒に入れたりすることもある。中部警察署のユン・ソシク署長は「東大門の露店商にはコピー商品でかなりの収入を上げている商人も少なくない。このため、場所代がはね上がっているという情報もある。そうした(違法行為で稼ぐ)商人ではなく、生計を立てるために商売している零細業者だけを露天商として登録・管理し、長期的にコピー商品などを締め出すなどの対策を進めている」と語った。
(引用ここまで)

 ひとつ前のエントリでの「ニッカもしょせんはイギリスのスコッチウイスキーをコピーしたに過ぎない盗品だ」という意識は、こういうところからやってくるのでしょう。

 自分たちがブランド品のただのコピー品をせっせと作って売っている。
 こういう行為は韓国人だけじゃない、日本人だってやっている。
 連続テレビ小説でやっている人物ですらコピー品じゃないか。
 とまあ、そういう考えかたなのでしょう。

 ウイスキー製法を現地で学んでコピーして、製造方法を自らの血肉にする物作り。
 ブランド品のマークだけをコピーして屋台で売る違法コピー品。
 韓国人の認識ではこのふたつがさほど変わらないものなのですよ。

 そりゃま、行き詰まるわな。
 社会的にも、経済的にも。