韓国大統領の資源外交、79案件のうち56件は実績ゼロ(朝鮮日報)
> 国会産業通商資源委員会所属で与党セヌリ党の金漢杓(キム・ハンピョ)議員が29日に公表した産業通商資源部(省に相当)の資料によると、韓国政府は2003年以降、大統領の海外歴訪の際に石油やガスといった資源開発に向けて79件の覚書を取り交わしたが、そのうち71%に当たる56件は何の実績もないまま終わっていた。ロシア、ウズベキスタン、フィリピンなどで取り交わした7件のケースを見ると、韓国石油公社と鉱物資源公社は探査や試掘のために4300億ウォンの資金を投じたが、最終的に事業として成立し得ないことが分かりどれも中断していた。

 79件の覚書のうち、実際に資源を確保できたのは18件しかなかった。政権ごとに見ると、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権では26件中10件、李明博(イ・ミョンバク)政権では49件中8件でしか成果が出ていなかった。現政権ではこれまで4件の覚書を取り交わしたが、今のところ事業として成立しているものは1件もない。なお、覚書を取り交わす際に予想された実績と実際の実績の割合は石油が7.2%、レアメタル0%、ガスは50%だった。
(引用ここまで)

 韓国の政権としては珍しくノ・ムヒョンからイ・ミョンバクへと受け継がれた……というか、資源確保をしろって脅迫されていたんじゃないのっていうくらいに思い詰めた行動で行われてきた資源外交ですが、その70%以上が実績ゼロ。
 79件の覚書を交わしたものの、うち56件がなんの実績もなくそのまま放置。

 70%以上が覚書を交わしたというだけ。
 正直、想定していたよりもひどかったなぁ。

 7件に関しては試掘等のために4300億ウォンを投じて回収不可でまた放置。
 ……ん、おかしいな。
 クルド自治区に「確保した油井」だけでも、400億円の損失を出していたはずですよ。
 天然ガスの開発にも失敗して、4400億円の損失を出す予定だっていうのもありましたね。

 で、実際に資源確保ができたのは18件。その18件の詳細が語られていないので、これもかなり成果としては怪しいのではないかと思われます。
 上の天然ガス開発での4400億円損失は試掘じゃなくて本格開発まで行ってかつ失敗したものなので、別枠なのかな(笑)。

 実際の詳細なリストとか欲しいですね。
 資源外交がどうなったのかっていう証拠として。
 中には株のインサイダー取引の材料として使われた発表とかもあって、非常に韓国らしい終焉を迎えているのですが。
 
 こんな結果に終わりつつある資源外交ですが、イ・ミョンバクがまだ大統領職にあった頃には「トップダウンの決断で素晴らしい!」とか持ち上げていた連中が日本にもいたのですよね。