バラ色の経済効果は幻に…アジア競技大会が仁川市に残した借金(ハンギョレ)

>  2014年仁川(インチョン)アジア大会は14個の世界新記録とサッカーなど球技種目の劇的な場面、北朝鮮高位級要人の閉幕式出席など、歴代大会に劣ら ない話題を残した。 だが、祭りが終わった後、主催側が受け取った計算書は悲惨なものだった。 「アジア大会で韓国第3の都市というブランド価値の上昇と20兆ウォン(1ウォンは約0.1円)の経済波及効果が予想される」という仁川市の“バラ色の展 望”は夢想に終わったと見られる。 2兆ウォン以上を投じた今回の大会が興行に失敗したせいで、地域経済全体が沈滞の泥沼に陥る危機を迎えている。

「アジア大会後に残ったものは借金ばかり」。大会真っ最中の先月26日、ペ・ククァン仁川市政務副市長は予算担当公務員など約200人を招集した緊急会議 でこう話した。 今回の大会にかかった費用は大会運営費4800億ウォンを含め何と2兆5000億ウォンに達する。 競技場16か所の新築など、大会関連施設の建設だけで1兆5216億ウォンがかかった。 政府は「文鶴(ムナク)競技場のリモデリング」を勧告したが、仁川市はそれを無視して主競技場を新たに建て4673億ウォンを使った。 監査院が競技施設と関係がないと指摘した体育公園敷地の買い入れ費用には1311億ウォンなど、見当違いのところに血税を注ぎ込んだ。 大会組織委は「大会運営費が2006年のドーハ、2010年の広州大会と比較して4分の1に過ぎない」と“倹約した大会であった”と主張しているが、費用 削減の発端が主競技場をはじめとする無理な設備投資という点で説得力に欠ける。(中略)

 緻密な事後管理計画を持たずに作られた競技場は、大会後にも苦労の種に転落する可能性が高い。 仁川市は新築競技場16か所の管理費用として、毎年数百億ウォン台の損失が発生すると見ている。 仁川市は借金論議に対して「主競技場の場合、慰安娯楽・ショッピング・文化施設などに活用して、最大限赤字を減らす」と話した。 国内でオリンピックやアジア大会のような大会が数兆円台の経済効果をもたらす“如意棒”のように宣伝されてきたが、大型スポーツ イベントが地域経済を蚕食する逆効果になりうるという事実を如実に示したわけだ。

 仁川アジア競技大会後の論議は一層高まるものと見られる。 仁川市の今年末の予想債務額3兆1991億ウォンのうち、1兆ウォンほどが競技場などアジア大会関連施設を用意する過程で生まれた。 今回の大会余波で、仁川市の債務比率は39.5%に達し、これは安全行政部が指定する財政危機地方自治体基準(40.0%)に肉迫している。 財政危機地方自治体に指定されれば、地方債の発行や主要地域事業執行の度に中央政府の統制を受けることになる。 アジア大会の余波で300万市民が暮らす大型地方自治体の核心権限である財政運営権を失う危機に立たされることになったわけだ。(中略)

 仁川アジア大会は予告された失敗という指摘が多い。 政治家出身の地方自治体首長が大会の効果を大幅に膨らませ“功績積み上げ”のために大会を誘致したことが発端になった。 大会誘致当時、3選を狙ったアン・サンス前市長は「アジア大会で20兆ウォンの付加価値効果と約27万人の雇用誘発効果がある」と広報した。 アジア大会は種目別、国別競技力の偏差が激しいうえ、オリンピックやワールドカップの影響でスポーツファンの目が肥えて興行効果が大幅に下落している。 大会の効果を過度に評価したといえる。

 いくつかの人気種目を除けば、地上波放送会社が生中継もせず、ネイバーやダウムなどのポータルサイトと放送会社の中継権交渉がうまくいかなかったことも 興行の失敗に一役買った。 広報効果を期待しにくくなると企業スポンサーと後援までが失敗する悪循環にはまった。 平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックを睨んで中央政府が積極的な支援に出なかったことも今回の大会に大きな打撃を与えた。 キム・ソンウォン仁川経済正義実践市民連合事務局長は「大型スポーツ大会の誘致を決める時、市民の意見を積極的に反映する装置が必要だ」と指摘した。
(引用ここまで)

 韓国ウォッチャーが常にその動向を見つめ続ける仁川市。
 なぜにそんなに注目されるのか。
 アジア大会が開かれたからというわけでもないのです。
 アジア大会をはじめとしてネタだらけだから……というのも否定できないところではありますけどもね。

 仁川市はソウルから電車で約1時間、ソウルで働く人のベッドタウン。
 なので税収的にはそれほど恵まれていないわけでもありません。

 でも、大々的に不動産投資を持ち上げてバブルに乗り遅れて大損して、「世界規模の重層都市」となるはずだったエイトシティーも、「世界でも稀に見る超高層建築」だったはずの仁川タワーも計画だけで破綻。
 仁川タワーなんて着工式にイ・ミョンバクを呼んだものの、その後はなにも工事は行われずに計画破綻。
 テレビ東京のWBSによると建設予定地はただの原っぱだったそうですわ。

 そんなこんなで、仁川市は地方自治体として破綻寸前に陥っています。
 アジア大会はそれをブーストしただけで、主因というわけではないのですよね。

 で、そんな破綻寸前の地方自治体をなぜ注目しているのか。
 それは仁川市が「韓国全体のモデルケース」になる可能性を大いに秘めているからなのです。
 多かれ少なかれ、韓国は全土でPF(プロジェクトファイナンス)と呼ばれる不動産投資版のサブプライムローンを行っていて、これらが不良債権化してじわじわと真綿で首を絞めるように効いてきています。
 不動産価格もじわじわと下がっています。

 韓国の不動産投資というものはこれまでの高度経済成長を前提としてきて、これらもその前提に乗っ取って計画されてきたので、その破綻はもはや前提。
 どのていどの規模で、どのていどの時間的な長さで不良債権と戦うのかが問題になっているのです。
 韓国の金融機関は脆弱で、それほどの体力を持っていません。
 ここのところ「韓国にメガバンクをっ!」ていう話が何度も出ているのは、そういう「不良債権に絶えうる体力を持つ金融機関」が必要になってくるからかもしれませんね。

 韓国は人口ボーナスが枯渇して、経済の方向性の質自体を変更しなければいけない時期に来ているのですが。
 まったく変容が見られないのですよねー。
 ま、それでやっていければいいんでしょうけど。

 仁川はそのテストケースとなる可能性が非常に高いのですよね。ま、他の韓国ウォッチャーがそこまで意識して見ているかどうかは分かりませんが。
 少なくともうちはそういう意味において仁川がどうなるのか、楽しみにしている……じゃなくて興味津々で見つめているのです。

----
これも角川関連で安くなっているっぽいですね。