韓国大統領が円安に異例の言及、「輸出企業の利益悪化する恐れ」(ロイター)
  ↓
1ドル108・109円、取り立てて円安ではない─麻生財務相(ロイター)

>韓国の朴槿恵大統領は6日、円安は輸出企業の収益を圧迫する恐れがあるとの認識を示した。政策を担当する側近らとの協議での発言を大統領府が発表した。

大統領が為替相場に言及するのは異例。

大統領は「(世界的に不透明感が強まっているため)株式市場を含む国内の資本市場ではボラティリティが高まっており、輸出企業の利益が円安のために悪化する恐れがある」と述べた。
(引用ここまで)
       ↓
>10月1日開催の経済財政諮問会議で、麻生太郎財務相が、1ドル=108・109円の為替水準について「リーマン・ショックの前でその水準だから、やっとそこまで戻っただけで、今が取り立てて円安であるというほどではない」と述べていたことが明らかになった。

議事要旨が6日に発表された。
(引用ここまで)

 6日のパク・クネの発言を受けて、麻生財務相が「まだまだ円安じゃない」って発言したわけではないようですが。
 ま、実際問題として超円高が是正されただけで、円安水準というにはまだなのですよ。
 速度が問題ではありますが。

 相当に韓国経済はしんどいんでしょうねぇ。
 出口が分からないというくらいに。
 もう、何度も何度も書いていますが、構造的なものなので出口はありません。
 ま、スマートフォンの普及度が天井打ちしたりとか、世界的な景気悪化が同時にきたとか、いくつかの要因で加速させられているというのはありますが。
 そこに向かうべくして向かっているのです。
 ユーロが破綻せざるをえない構造を持っていたのと同じです。

 パク・クネがこうやって悲鳴を上げるシーンがこれから何度か見られるでしょうが。
 ま、こちらは「ニホンガーニホンガー」って言い続けている輩と経済協力するわけにもいかないんで。
 麻生財務相の言うようにスルーでしょうね。