サムスン電子、MSへの年間ライセンス料は10億ドル超(日経新聞)
> Android(アンドロイド)搭載端末に関する特許使用料を巡り米Microsoft(マイクロソフト、MS)が韓国サムスン電子を訴えている件で、サムスンがMicrosoftに支払った年間ライセンス料が10億ドル超にのぼることが裁判資料によって現地時間2014年10月3日に分かったと、米ウォール・ストリート・ジャーナルや英ロイター通信など複数の海外メディアが報じた。

 Microsoftとサムスンは2011年9月に法的拘束力のあるクロスライセンス契約を締結し、サムスンは同社が製造するAndroid端末についてMicrosoftに知的資産の使用料を支払うことで合意した。Microsoftは同社の特許がAndroidに使われているとして、サムスンをはじめとするAndroid端末ベンダーからライセンス料を徴収している。しかしMicrosoftがフィンランドNokiaの携帯端末部門を買収すると2013年9月に発表すると、サムスンは同買収が両社間の契約条件に反するとの理由でライセンス料の支払を停止。Microsoftは2014年8月に「話し合いで解決できなかった」として訴訟に踏み切った。(中略)

 米フォーブスの報道によると、サムスンが報告した2013年の年間ライセンス料は約10億4164万ドル。アナリストの推計ではサムスンのスマートフォン(スマホ)販売台数は2億6500万台、タブレット販売台数は4000万台で、1台あたりのライセンス料は約3.41ドルとなる。
(引用ここまで)

 おそらく、なのですが。マイクロソフト(元々はノキア)と締結した契約というのは販売額に対して○パーセントを支払うという形式ではなく、Androidを採用したスマートフォン1台につきいくらというパターンではないかと思われます。
 ま、販売額の把握とかも大変ですしね。IT関連の特許はこういう契約にするパターンがほとんどです。

 で、Androidを1台製造するたびに、サムスン電子はマイクロソフトに3.41ドルを支払うという契約になっているのではないかとリポートされています。
 記事にあるように3億台の製造をしたとすると、約10億ドルのキャッシュがマイクロソフトに行くと。

 で、これからサムスン電子は量を出す戦略に行くと思われるのですよ。ベトナムのスマートフォン工場は年間で数億台を製造するキャパがあるので。
 シャオミに対抗するにはより安いスマートフォンを製造して、利幅を削って販売していかなくてはならない。

 そんな中、右から左にマイクロソフトに1000億円以上のキャッシュを払わなくてはいけない。
 これまではスマートフォンで我が世の春を謳歌していたのですが、3四半期連続での減収減益。さらにこれから量を追うようになると、1台毎に3.41ドルという契約が重くのしかかる。

 そりゃま、いちゃもんのひとつもつけて特許料の支払いを停止したくもなりますわな。
 気分的に分からないでもないですが、ビジネスとしては理解はできませんけど(笑)。