韓国空軍の中国エアショー参加に米国が「待った」(朝鮮日報)

>  来月に中国・広東省の珠海で開催されるエアショーへの参加に向けて準備を進めてきた韓国空軍の特殊飛行チーム「ブラックイーグルス」に対し、米国が「訓 練機のT50に使用されている技術が中国に流出する恐れがある」として韓国に参加の見合わせを求めていることが分かった。ブラックイーグルスは韓国製の超 音速訓練機T50により構成されている。このT50は韓国航空宇宙産業(KAI)が製造した訓練機だが、米ロッキードマーチン社から技術支援を受けている ため、輸出するには米国の承認が必要となる上、敵性国に向けて飛行する場合は米国の了解を得なければならない。

 韓国政府筋は8日「空軍特殊飛行チームのブラックイーグルスは来月中国で開催される珠海エアショーに参加するため、かなり前から準備を進めてきた。とこ ろが最近になって米国がブラックイーグルスの参加に待ったをかけてきた」と明らかにした。ブラックイーグルスによる今回のエアショー参加は韓中両国の軍事 交流強化を目的に進められたものであり、今年7月に行われた第4回韓中国防戦略対話で合意したものだ。この戦略対話には韓国国防部(省に相当)の白承周 (ペク・スンジュ)次官と中国人民解放軍の王冠中・副総参謀長が出席していた。米国はブラックイーグルスが中国に滞在する間に、T50の技術や部品が中国 側に流出する恐れがあるとして懸念を伝えてきたという。(中略)

 世界各国の企業がこのエアショーに参加しているが、米国と欧州の防衛関連企業は参加していない。
(引用ここまで)

 いや、欧米の軍事企業が中国のエアショーに参加していない理由を考えたらすぐに分かるだろうに。
 欧米企業は中国には(少なくとも完成品としての)兵器を売っていないので、出る必要がない。
 売らないのだから、出す必要もない。

 T-50って要するに訓練用のちっさいF-16ってだけの話で、技術的にはまんまロッキード・マーチンのものなんですよね。
 なので、韓国国内にあるときは文句を言われないのですが、輸出やら国外持ち出しに関してはいちいちアメリカの許可を取る必要があるのです。

 韓国はことある毎に「純粋な国内技術で開発製造された」を枕詞にしているのですが、本当に韓国の技術だけで開発されているんだったらこんな足かせはされていないわけで。
 インドネシアに輸出したFA-50もアメリカからレーダー運用に必要なソースコードの輸出許可が得られずにまともな運用ができていないという報道もあります。

インドネシアに輸出したFA-50、アメリカの牽制に足を縛られる(東亞日報/朝鮮語)

 「廉価なステルス機を輸出して大儲け!」っていうとらぬ狸の皮算用をしているKFX計画でもアメリカからの技術移転を受けているので、同様に輸出に制限がかけられることになるのですが。
 これほどまでにアメリカに兵器関連産業を抑えられているのに、中国側にふらふらして行くんだから大したものですよ。
 なんの自覚もないのですよね。

零式戦闘機
吉村昭
新潮社
2013-06-13