謝罪・反省しない産経前支局長、名誉毀損罪で在宅起訴(朝鮮日報)
「行方不明」「下品」…事情聴取で浮き彫りになった日韓の言語文化の違い(産経新聞)

> 加藤支局長は今年8月3日、産経新聞電子版に掲載した「朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明に…誰と会っていた?」というタイトルの記事で、旅客船 「セウォル号」沈没事故が発生した今年4月16日、朴大統領の所在が7時間ほどの間把握されていなかったとの疑惑が浮上していると報じた。検察は報道資料 を発表し、起訴の理由について「加藤前支局長の記事は客観的な事実と異なり、その虚偽の事実をもって大統領の名誉を傷つけた。取材の根拠を示せなかった 上、長い特派員生活で韓国の事情を分かっていながら、謝罪や反省の意思を示さなかったという点を考慮した」と説明した。
(引用ここまで)

 いやぁ、これはいいなぁ……。
 マスコミに対して「謝罪と反省の意志を示さなかったから起訴」ですから。
 民事であればともかく、刑事告発ですからね。
 まあ、第三者からの告発までは日本でもあるでしょうが、それで捜査して出国禁止処分、そして起訴ですよ。

 独立も民主主義も技術開発も自分たちの手でやったことがなくて、他人の手でもたらされているからその貴重さが理解できない。
 そりゃま、ノーベル賞だって取れませんよ。

 その一方で産経新聞はノリノリです。
 聴取の様子を細かく報道していますね。
 そうしておきながら、韓国で漢字が失われていることもチクリと刺したり。

 マスコミとしては錦の御旗を渡してもらったも同然ですから。
 世界に向かって堂々と「言論弾圧された人がここにいますよーっ!」っていうくらいの宣言をするでしょうね。
 建前としては怒ってみせていますが、本音としては笑みが止まらないでしょう。

 韓国はこれまでもいくつかの分野で悠々とポイント・オブ・ノーリターンを超えてきたのですが、今回は自由主義陣営の一員ではないということを自ら世界にアナウンスしたのですよ。
 朝日新聞の官邸付き記者が菅官房長官にこんな質問をするほど。

https://twitter.com/asahi_kantei/status/520059893944836096
問:日本政府はこれまで韓国は基本的な価値や利益を共有する国と位置づけてきたが、価値観は共有していると言えるか
菅氏:国際社会の報道の自由とか表現の自由という民主主義国家として基本なことから大きくかけ離れているので、政府としては韓国側に事実関係をまず確認し、懸念を伝えたい。

 もはや自由主義陣営のまともな精神じゃ韓国とつきあうのって無理だよね、って話です。
 韓国と渡り合うにはそういう連中であるという前提でつきあう必要があるということが広く一般にも知らしめられていると思いますね。