「明成皇后の慰霊碑を熊本に建立したい」(朝鮮日報)

>「われわれの先祖が隣国の皇后を殺害した。見るに耐えないことだが事実だ。事実を伝え反省すべきだ」

 日本の教員やOBからなる「明成皇后を考える会」の古沢チヨカツ会長(87)の言葉だ。同会の会員15人が今月6日、韓国を訪問した。乙未事変 (1895年に明成皇后〈日本での呼称:閔妃(びんひ)〉が殺害された事件)が発生した10月8日に合わせ、明成皇后が眠る京畿道南楊州市の洪陵で祭祀 (さいし)を行うためだ。2005年以来毎年、今年で10回目の来韓だ。

 きっかけとなったのは、ドキュメンタリー監督のチョン・スウン監督(71)が05年に制作した『110年ぶりの追跡 明成皇后殺害事件』の撮影だ。04 年11月、取材源の甲斐利雄さん(85)が歴史に関心を持つ教員13人を募った。元英語教師の甲斐さんは「私が明成皇后殺害事件を初めて知ったのは60歳 のときだった。学校で教わっていないから、ほとんどの日本人はこのような事実を知らない。正しい歴史認識を持たないままで真の平和はない」と話した。翌 年、直接歴史の現場を目にした甲斐さんたちは、明成皇后殺害の実行犯の一人、国友重章(1861−1909)の孫に当たる河野竜巳さんとともに洪陵を訪れた。墓の前でひざまずき「私は罪人だ」と涙を流した84歳の河野さんと一緒にいた会員たちは皆涙を流した。

 チョン監督は「安重根(アン・ジュングン)が伊藤博文を暗殺した最大の理由も『明成皇后殺害の罪』だった。近代の韓国と日本の悲劇は乙未事変から本格的 に始まった」と話した。甲斐さんは戦争放棄などを主な内容とする日本国憲法第9条が、今年のノーベル平和賞受賞の有力候補に浮上したという本紙の記事を指 差した。そのような国際的なムードにもかかわらず、安倍首相はあくまでも慰安婦問題を否定し、独島(日本名:竹島)の領有権主張など歴史の歪曲(わいきょ く)について一言の謝罪もしていない。私たちが先頭に立ち、若い世代に正しい事実を教えなければならない」と語った。
(引用ここまで・太字引用者)

 記事中にある2005年に「私は罪人だ」って謝罪した云々というのは、このエントリにもありますが。

 当時からキチっていましたね。
 「先祖の犯した犯罪が子孫にも累を及ぼす」という考えかたは韓国人にとっては親和性の高いものなのでしょうが、日本人にとっては違和感しかありません。
 120年前の「歴史」をこうやって引っ張り出して、「日本人は〜○○○○、韓国に謝罪しなければならない」という言いかたは、かつての自虐史観そのもの。
 そういう世代にはハマるのでしょう。

 現在の一般的な日本人の持つ、対韓国の感情からは理解されないことではあります。
 「明成皇后を考える会」とやらの会員が15人に過ぎないというのも、単純に支持されていないからって考えたほうが分かりやすいですし。
 勧誘する時に「あなたは罪人です。さあ、韓国に謝りましょう!」って言うんですかね(笑)。
 どっかの新興宗教そのものですわ。 

 別に彼らが慰霊碑を建立しようと、その維持費にいくら出そうと構いはしませんが。
 それに公的な資金が投入されるようなことがないように監視は必要ですかね。

----
本にもまともなのは少ない……というかほぼないんだよなぁ……、。

 
木村幹のこれはそこそこ読めました。