【社説】産経前ソウル支局長起訴に対する我々の視点=韓国(中央日報)
言論の自由で包装された前産経ソウル支局長の詭弁(中央日報)

> 韓国の検察が、旅客船セウォル号沈没事故当日の「朴槿恵(パク・クネ)大統領の7時間」疑惑を報道した加藤達也前産経新聞ソウル支局長を名誉毀損容疑で起 訴した。加藤支局長が朴大統領個人を虚偽事実で誹謗しただけに起訴が避けられなかったと、検察は明らかにした。海外メディアの報道も治外法権領域でないことを明確にした。

今回の事態は産経が自ら招いた。加藤前支局長の記事は独身の朴大統領が妻帯者と男女関係があるかのように誹謗した性格が濃厚だ。市中に飛び交う疑惑を確認 もせず無責任に送りだしたという非難から自由になれない。産経は訂正報道はもちろん、謝罪表明さえも真摯にしなかった。さらに加藤前支局長と産経は、普段 から度が過ぎる嫌韓報道で批判を受けていた人物と報道機関だった。

名誉毀損は公表内容の虚偽、事実確認の努力、誹謗の目的性があるかどうかで判断される。単純な名誉毀損なら十分に起訴できる事案だ。問題は、名誉毀損の対 象が李大統領であり、行為者が海外報道機関の記者というところにある。公人に対する名誉毀損容疑で海外の記者を起訴したのは、国内外で極めて異例だ。この ため法理と慣行、名誉毀損と言論の自由の間で微妙な論争が生じた。

日本の主流メディアはファクトに強く、慎重な報道姿勢を持っていると信じる。自国の記者を起訴した韓国の検察の措置をめぐり見ることができなかったが、虚 偽・扇情疑惑が濃厚な報道を繰り返して韓国人を傷つけた産経に対し、品位の維持も同時に要求しなければならない。日本の他のメディアも産経前支局長起訴を 非難する前に、産経の報道態度を批判するべきだった。

しかし韓国政府・検察も「国際慣行上、名誉毀損による海外メディア記者の起訴は不適切だった」という国内外の指摘に耳を傾ける必要がある。何よりも名誉毀 損事件で韓日外交葛藤がさらに深まってはならない。産経の誠意ある謝罪をもとに、アジアの品格を代表する両国が成熟した姿勢で今回の問題を解いていかなけ ればならない。
(引用ここまで)

 ここまで韓国語でのものも含めて韓国側の主張を見てきましたが、最初に報じた朝鮮日報へ言及しているものはほぼゼロ。
 ハンギョレが多少言及しているくらいかなぁ。
 海外ではWSJでもニューヨークタイムズでも「朝鮮日報を引用して〜」と書かれているのですが。保守革新問わず。

Korean Prosecutors Indict Japanese Journalist on Defamation Charge(WSJ.com)
Japan Protests Indictment of Journalist by South Korea(NewYorkTimes)


 韓国マスコミはもう、完全にほっかむり。
 自分たちが元凶だってことを見て見ぬふり。
 それでいながら産経の報道姿勢を糾弾するとか、もう二枚舌もいいところ。

 韓国のどこ記事を見ても元々が朝鮮日報のものだったって話どころか、朝鮮日報の朝の字すらなし。
 国境なき記者団の反対声明にも「朝鮮日報にはなにもなしで、産経の記者を告発するとかやりかたが恣意的だ」って話をしているのに、完全スルー。

 ま、自分たちに具合の悪い話をスルーしていくのはファン・ウソクの時もそうだったので、韓国マスコミの習いではありますが。
 朝日の「従軍慰安婦」報道があそこまでこじれたのも、同じように自分たちに都合の悪い事実に目を背け続けてきたからなのですがね。

 ていどの知れた大統領に、ていどの知れた検察。 そしてていどの知れたマスコミと国民。
 いいセットになっているとは思います。