韓国与党議員「第2期経済チーム浮揚策、日本型の長期不況に陥る憂慮」(中央日報)

> 国会企画財政委員会の李漢久(イ・ハング)セヌリ党議員は16日の企画財政部国政監査の質問資料を通じて「(人為的な)景気浮揚によって2017年の均衡財政ははるかに遠く、国家負債はますます増える見通しだ」としてこのように話した。

李漢久議員は「不動産を通した景気浮揚のために、生半可に不動産の金融規制を緩和して韓国銀行の基準金利を引き下げ、家計負債の増加が加速している」と主 張した。また「企業の未来準備金である社内留保金(当期純利益の累積分)を賃金や配当などを通して外部へ回すことで内需振興を期待するが、企業は大規模投 資の際に社内留保金が不足すれば借入などで負債が増える」と指摘した。引き続き「国家負債と公共機関の負債、年金充当負債を合わせれば昨年末に1651兆 ウォンに達した」として「これはGDP対比114.9%程度で、今後、高齢人口扶養費や統一費用まで考慮すれば財政赤字に耐えられるか心配」と付け加え た。李議員は財政拡大や金利引き下げなど安易な浮揚策に依存するのではなく、経済体質の改善や構造改革・規制撤廃を通した中・長期的な成長動力の確保と潜 在成長率の向上に力を注がなければならないと強調した。

彼は「低出産・高齢化の急速な進展など変化する経済環境を考慮せずに過去の高い成長率だけに執着して、無理な浮揚策を動員すればかえって日本式の長期不況 に陥る」として「大変でもチョンセ(高額の保証金式の賃貸制度)市場や労働市場など難しい分野を中心に痛みを除去する調整政策が必要だ」と説明した。
(引用ここまで)

 先日の政策金利引き下げもそうなのですが、韓国の経済政策っていつまで経っても逐次対策ばっかりなのですよ。
 韓国には一時預かり家賃制度であるチョンセがあるから、どうしても政策金利を動かすのには躊躇が生じてしまうのも分からないではないのですけどね。
 もはやチョンセは高利率時代の徒花として、社会的システムから切り捨てるべき存在です。

 いつも水漏れしている亀裂箇所だけパイプを交換していて、根本的な供給システムの変革をしようとしない。

 日本もこれと同じようなことを延々と続けて20年間、成長らしい成長ができなかった。
 その轍を見事なまでに踏んでいるわけですが。

 ま、それと同じことをヨーロッパもやってしまったし、アメリカのグレートリセッションも似たようなものでした。
 影響の大小はあるていどコントロールすることができても、避けえるものではないのでしょうね。
 じゃあ、韓国は影響を小さくできるかっていうと……無理でしょうねぇ。

 世界不況、ウォン高、中国の中間財開発技術力の向上、人口ボーナスの枯渇と、ありとあらゆるものが一点に集中しちゃっていますので。
 日韓財務相会談があったり、中韓通貨スワップ協定が延長されたり、かなりやばいという自覚はあるようですが。
 行動がともなっていないのですよね。
 どこかで「切り抜けられるに違いない」って思ってるんですよ、これ。
 そんなわけないのにね。