仏紙ル・モンド「言論の自由、韓国で受難」(朝鮮日報)

> フランス最大の日刊紙「ル・モンド」は産経新聞記者の起訴や、インターネット上の名誉毀損(きそん)に対する監視を強化など、表現の自由に関する韓国の言論の現状に懸念を示した。

 外信専門サイト「NewsPro」は16日、「ル・モンドが『韓国で監視されている言論』という記事で『言論の自由と表現の自由が韓国で多難な時期を過ごしている」と報じた』と伝えた。

 同サイトによると、ル・モンドは「日本の極右新聞のソウル駐在記者が起訴されたことで、韓日両国に新たな緊張関係が形成されつつある。この緊張関係は ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)やメディアに対する韓国政府の管理・監督強化ムードから生まれた」と指摘した。

 また、ル・モンドは「産経新聞の報道を受け、韓国の保守団体は産経のソウル駐在記者を最高懲役7年に処せられる可能性がある名誉毀損があったとして検察 に告発した」とし、この事件に対する日米政府の報道官の反応や、「朴大統領が旅客船沈没時に不在だった問題は公共の利益にかかわる領域」と主張したジャー ナリストの国際団体「国境なき記者団」の声明内容も伝えている。

 さらに、「韓国政府当局はソーシャル・ネットワークまで監視しようとしている」として、韓国の検察がネット上の名誉毀損に対する監視を強化する方針を決 めたことで、韓国のスマートフォン(多機能携帯電話端末)向けチャットアプリ「カカオトーク」から海外のアプリに乗り換える「サイバー亡命」が急増してい たことを報じた。

 ル・モンドは「韓国人は最も愛用していたカカオトークをあきらめ、より安全だと言われているドイツのチャットアプリ「テレグラム」に移動している。テレグラムで彼らは『サイバー亡命を歓迎する』とメッセージを送り合っている」とも書いているとのことだ。
(引用ここまで)

 フランスの大手紙ルモンドにもパク・クネの言論弾圧の実態が掲載されたと。
 大元の記事はおそらくこれじゃないかと思われるのですが。

En Coree du Sud, la presse sous surveillance(LeMonde)

 有料記事なので、見える部分が少ないのですがざっくり見た感じでは誤って伝えられているところはないようです。

 全世界に韓国の言論弾圧国家、民衆監視国家としてのイメージが拡がっていってますね。
 極めて順調に。
 韓国のビッグブラザーとして成長しているようでなにより。

 そのうち「BIG SISTER IS WATCHING YOU」ってポスターが韓国に貼られるようになるかもしれません。

一九八四年 (ハヤカワepi文庫)
ジョージ・オーウェル
早川書房
2012-08-01