通貨危機当時より厳しい韓国製造業(中央日報)

韓国経済の成長エンジンが消えつつある。昨年、国内11万3155の製造業者の売上高は1年前に比べ0.5%増にとどまった。通貨危機で韓国を代表する企 業の倒産が続いた1998年(0.7%)を下回る成績だ。韓国銀行(韓銀)が法人税を出す国内企業(非営利・金融除く)全体実績を分析し、16日に出した 結果だ。61年に韓銀が統計を出し始めて以来最も低い。

売上高とともに収益性も落ちている。製造業の税引前純利益率は2012年の5.2%から昨年は4.7%に下落した。1000ウォン(約100円)分を売っても50ウォン(約5円)も稼げないということだ。

徐英京(ソ・ヨンギョン)韓銀副総裁は「世界的な低物価現象と為替変動で輸出大企業の販売製品の価格が下落し、このため国内製造業者の売り上げが落ちた」 とし「まだ予断するのは難しいが、今年の製造業の売上高増加率が過去初めてマイナスとなる可能性もある」と警告した。

製造業エンジンが冷め、国内産業を率いる代表企業も「実績ショック」に揺れている。サムスン電子は1年ぶりに営業利益が半減し、現代・起亜車は米国・欧州 市場で競合他社に劣勢だ。この日、現代重工業グループは現代重工業・現代尾浦造船・現代三湖重工業など系列会社の役員262人のうち31%の81人を減ら した。4−6月期に創社以来最大の赤字を出したからだ。サムスン重工業は赤字累積でグループ内で厳しい立場となっている。
(引用ここまで・太字引用者)

 記事内にはセウォル号事故のことに言及はないのですが、韓国内の経済関連報道では「セウォル号事故で内需がしぼんでいるから」という枕がつくくらいになっています。
べての責任をセウォル号事故に押しつけようとしているのですが、外需主体でやっている韓国経済が内需関連のセウォル号事故だけで落ち込むわけがないのですよね。
 もちろん、内需寄与部分はあるのでしょうが、そこまではない。

 なによりも大きな外需がしょぼくれているのは、ウォン高と円安で競争力が低下しているからに他ならない。

 あともうひとつ大きな要因がありまして。
 以前にいくつかのマイナスポイントが一気に押し寄せていると書きましたが、もうひとつ、中国からの押し上げっていうのもあります。
 楽韓Webでは2010年くらいから「韓国にできることは中国にもできる」と言い続けてきたのですが、それがクローズアップされたのが今年になってからだった……ということになりますかねー。
 鉄鋼、スマホといったこれまで韓国が得意としてきた分野に圧倒的な物で攻めこまれてきている。
 幸い、日本は中国の得意分野とはちょっとずれているので、影響はあるにしても韓国ほどではないでしょうけども。

 ホントに経済的にも社会的にも外交的にも四面楚歌。
 狙ってやったってここまでできませんよね。