「日本による広開土大王碑の碑文変造、まだある」(朝鮮日報)

> 日本が広開土大王(好太王)碑の碑文を変造したという疑惑をめぐり、これまで提起されていた疑惑のほかに、さらなる変造があるという主張が提起された。

 歴史学を研究している李亨求(イ・ヒョング)鮮文大学碩座(せきざ)教授(寄付金によって研究活動を行えるよう大学の指定を受けた教授)=写真=は、最 近出版した著書『広開土大王碑』(西方社)改訂増補版で「1880年代に日本は、広開土大王碑の碑文にあった『倭寇大潰(倭寇が大いに潰滅した)』の部分 で、『寇』の字を『満』の字に、『大』の字を『倭』の字に、それぞれ刻み直した」と主張した。結果的に、その部分は「倭満倭潰(城に満ちていた倭が〈城 を〉打ち壊した)」と解釈されることになったという。今年は広開土大王碑建立1600周年に当たり、李教授は韓国・日本・台湾に所蔵されている拓本約10 点や、およそ10回におよぶ現地調査を経て「当時、日本の陸軍参謀本部に所属していた将校らが、広開土大王碑を調査する過程で、意図的に碑文を捏造(ねつ ぞう)した」と主張した。

 「日本による広開土大王碑文変造説」は、1970年代以来、韓中日の歴史学界において先鋭的な争点の一つだった。「倭が辛卯(しんぼう)年(391年) に海を渡り、百済と新羅を破って臣民にした」と解釈できる石碑の文言に触発された論争が、その代表だ。日本はこの文言を根拠に、4−6世紀に古代日本が韓 半島(朝鮮半島)の南部を200年近く支配していたという、いわゆる「任那日本府説」を主張した。しかし韓国の歴史学界は、日本による偽造、あるいは解釈 上の誤りだと反論した。ここで李教授は、日本がまた別な偽造を行っていたと主張しているわけだ。
(引用ここまで)

 まだ日本と中国に否定された学説を一所懸命に持ち続けているのか。
 広開土王碑に書かれていることは、日本書紀にも中国の史書にも三国史記にも内容が一致しているのですよね。
 日本が朝鮮半島南部に拠点を持っていて、新羅・百済を侵略していたっていう。

 複数の資料が同じ方向性を示している。
 古い拓本を見ても改竄されていないというのはもう確定事項。

 「改竄」だの「解釈が異なる」なんていうのは、任那日本府の存在を認めたくないための思考停止以外の何者でもないのですよ。
 現代の「任那なんてなかった」っていう固定観念から、古代の歴史へ枠を当てはめているので、現実に向かい合うことができていないだけ。
 最初のきっかけが歪んでいるので、結論も歪んでいる。

 古代の韓国は日本よりも上の地位にいた。だから、韓国のほうがえらい。
 そういう凝り固まった場所からしか見ようとしないから、自ずと見えてくるものが限られているんですわ。
 もう、考古学的には終了した話題です。
 改竄説があったことで詳細な検討がされたっていう部分はありますけどね。