韓国がまだノーベル文学賞を取れない理由(YouTube)



 ひとつ前のエントリを書いていて、「そういえば『韓国語が優秀すぎるから翻訳できなくてノーベル文学賞をもらえない』って言っていた予備校講師(?)がいたなぁ」と思って検索。
 以前とは異なっているURLだったこともあるので、再掲載しておきましょうか。
 テロップが正しいという確約はできないのですが、繁体字なので韓国人が自らつけたのかもしれませんね。

 これがいつくらいに撮影されたもので、映っているのが誰なのかということは分からないのですが。
 でもまぁ、これは韓国人の精神の根本にある意見……というか気持ちですよ。

 まとめると……

  • 韓国語(ウリマル)くらいに優美な言語はない。
  • 擬音で水の流れる量すら分かる。
  • 韓国語は優秀すぎる。もっとも発達した言語だ。
  • だから英語への翻訳は不可能だ。
  • 日本はノーベル文学賞を2人も取っている。韓国はゼロなのに。
  • 百済が文化を教えなかったらいまだに未開だった民族がなぜだと思うだろう。
  • 日本は文化的に劣等なはずなのに。
  • それは日本語が単純で翻訳しやすいからだ。
  • ウリマルは優美すぎてどの言語にも翻訳できない。
  • これは個人の意見ではなく事実なのだ。

 知らなかったなぁ(笑)。
 いや、そういう話を常にしているのは知っていましたが。 ひどいのになると「韓国語は母音が10あるのに、日本語は母音が5しかないから劣等」とか言い出しますからね。
 言語は洗練されていくと母音が少なくなるものなのですが。江戸期の母音は7つでしたし。

 韓国人は優秀だ。韓国語もハングルも優秀だ。だからノーベル文学賞を取れないのには他に理由がある……で、こういう妄想に入るわけですね。