Illiberalism in South Korea Insult to injury(The Economist)
英エコノミスト誌「産経支局長はスケープゴート」 韓国・朴大統領の露骨な言論統制を批判(J-CAST)

産経新聞ソウル支局長の起訴を通じて、韓国の国内メディアを脅そうとしている――。英エコノミスト誌は、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の意図を特集記事でこう指摘した。その真意は、言論統制にあるというのだ。
「踏んだり蹴ったり」。エコノミスト誌は2014年10月18日号の記事タイトルで、産経新聞について、こんな表現をした。 (中略)

朴槿恵大統領は、経済政策の失敗で景気が低迷していると批判され、今度はセウォル号沈没事故でも、人命救助に失態があったと攻撃に晒された。できれば、韓国メディアの統制をしたいはずだが、そうすれば、もっと激しい批判を浴びてしまう。
韓国で右翼的と批判されている産経新聞なら、刑罰を科しても批判は少ないだろう。しかも、それを通じて、国内メディアをけん制することもできる。産経支局長の起訴について、エコノミスト誌がスケープゴートだとしたのは、そのような意味からだった。
記事では、検察による起訴までも許したことで、「韓国メディアも自己検閲しないといけなくなる」と皮肉を込めて書いている。つまり、自分で自分の首を絞めたということだ。
今後、検察の目が国内メディアに向かえば、それは言論統制につながる。エコノミスト誌の記事では、そのことについて、朴大統領の父親である故・朴正熙大統領の独裁に戻るような動きだと、韓国内の憂慮の声を伝えた。
(引用ここまで)

 いやぁ……。
 エコノミストの記事タイトルにある「Illiberalism」ってかなり強い単語です。
 一義的には「狭量な」という意味ですが、下品なとか卑劣なとかいう意味もあって、滅多に人物批評には使わない……というか、使えないんじゃないかっていうくらいの単語ですね。

 と、同時に悪い意味での「古びた」というような意味もあって、独裁者だった父親の轍を踏んでいるというなダブルミーニングになっていますね。

 さて、今回のパク・クネの行動目的はエコノミストが書いているように、韓国国内のマスコミを脅すためのスケープゴートとして産経を使ったという分析は正解です。
 でも、その代償はかなり大きかった。
 エコノミストだけじゃなくWSJ、NYTといった全世界のマスコミから非難され、国境なき記者団からも糾弾される。
 アメリカ政府から「注視している」といわれ、「これは外交問題ではない」って語っていたのに完全に日韓間の外交問題となっている。
 国内マスコミを押さえこむための賭け金として、全世界からの不評は釣り合っているんでしょうかね。

 ここまで全世界から糾弾されるとは計算していなかったように思います。
 でも、パク・クネはそうやって非難されればされるほど頑なになって「自分は間違っていない!」って叫ぶ性分の人間です。
 もう、このまま有罪判決まで揺るがないと思いますね。

 そして、「独裁者の娘はやはり独裁者だった」と世界から認識されるのです。
 日本の外交オプションとしてもなかなか面白い事態になっていませんかね、これ。