【コラム】韓国を「人権後進国」と批判する日本の極右へ(朝鮮日報)

> 東京特派員だったころの奇異な体験談だ。2001年12月、明仁天皇が日本記者団との会見で爆弾発言をした。まとめるとこんな風だ。

 「桓武天皇(737−806)の生母が百済の武寧王(462−523)の子孫であると『続日本紀』に記されていることに、韓国とのゆかりを感じている。 宮内庁楽部の楽師の中には、当時の(韓国からの)移住者の子孫で、代々楽師を務め、今も折々に(朝鮮半島から伝来した)雅楽を演奏している人がいる」

 日本の皇室のルーツが古代の韓半島(朝鮮半島)とつながっていることを告白した「親韓」発言だった。歴史学界では誰もが認める事実だが、天皇自ら韓国との血縁関係に言及したことは衝撃的だった。当然、1面トップで扱われるレベルのニュースだ。

 ところが、さらに驚いたのは翌日だった。翌日の日本の朝刊では、この発言が報じられていなかったのだ。唯一、朝日新聞が手短に報じただけで、ほかの日刊 紙やテレビ局は全く扱っていなかった。日本の皇室に韓国系の血が混じっている事実を、それほどまで隠したかったのだろうか。明白な事実を恣意(しい)的に 握りつぶすのも、日本が言う言論の自由なのか。国の目的のためなら時として報道さえしないという、その奇怪な「沈黙の談合」にぞっとしたことを、今でもよ く覚えている。
(引用ここまで)

 ……バカですね。
 続日本紀に書かれていてることに「ゆかりを感じる」のであって「血縁があった」なんて暴露があったわけじゃないのに(笑)。

 まだこの陛下の「ゆかり発言」があった時には楽韓Webは「こういうサイトを作ろうかなぁ」と思っていた頃なので、ニュースとしては触れていません。
 その後に思い出しつつ、書いたエントリがあるのでゆかり発言についての詳細はこちらをご覧ください

 このエントリにあるように、異常なまでの温度差だったのですよね。
 韓国側は「秘められていた皇室の真実を、日王がついに激白!」みたいなレベル。大統領は歓迎宣言を出すわでえらい騒ぎ。

 でも、日本は「天皇誕生日におけるお言葉」を伝えただけ。
 なぜって続日本紀に書かれていることだし、桓武天皇のプロフィールとして当たり前に知られていることですしね。
 陛下に「韓国と聞いてなにか思い浮かべますか?」→「うちの先祖のひとりが百済の末裔とされている人と結婚してましたんで、それを思い浮かべますね」っていうだけ。
 これを1面で報じろって……バカですね。

 ニュースバリューとしてはゼロではないですが、フツーのお話。
 これを「日本マスコミは沈黙した」とか「言論の自由がない」とか……バカですね。
 いやもう、言葉がないというか。本物に出会った時には罵倒の語彙がなくなるものなのですねぇ……。
 本当にバカ。

 で、最後にこれですから。

> 日本が自国民の刑事事件に問題を提起するのは当然のことだ。だが、個々の事件にかこつけて韓国そのものを罵倒するな ら、私たちの自尊心が黙っていられなくなる。他国の人権や言論の自由をあれこれ言うつもりなら、まずは自分たちの慰安婦への冒涜と人種差別デモを解決して ほしい。
(引用ここまで)

 こういう「罪なき者だけが石を投げろ」っていうのは、かっこいい話に聞こえるのですが。
 それをこの状況に当てはめるのは欺瞞ですよ。
 日本だって「それを言うなら、いま現在鶯谷にいる韓国人をすべて引き取れよ」とかいくらでも言うことができるわけです。
 「それはそれ、これはこれ」でやらないと人類は一切の行動に対して反論も言及もできなくなりますから。
 すべてが言い訳であって、なんの反論にもなっていないのが悲しいですね。

愚者の道
中村うさぎ
ゴマブックス株式会社
2014-10-02