アップルとサムスン 「創造者と模倣者」が消費者の認識=中国メディア(サーチナ)

 中国メディアの新浪専欄は16日、韓国のサムスン電子の営業利益が減少傾向にあることについて、「アップルは創造者であり、サムスンは模倣者」という認識が定着してしまったことも一因と主張する記事を掲載した。

 記事は、サムスンにとって最大の稼ぎ頭だったIM(IT、モバイル)事業が不振に陥っている理由について、スマートフォンのローエンド市場で中国企業に シェアを侵食され、ハイエンド市場ではアップルに押されれているためと指摘。サムスンのフラッグシップモデル「GALAXY S5」が1カ月かかって達成 した1000万台という販売台数を「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」はわずか3日間で達成したと紹介した。

 続けて、サムスンはアップルに比べて「サプライチェーンの統合能力が劣っているわけでもなければ、技術やマーケティング費用が劣っているわけでもない」 とし、現在のスマートフォン市場における競争力はハードの性能ではなく、ブランド価値にあると指摘。サムスンの不振はアップルに比べてブランド価値が劣っ ていることが理由だと主張した。

 続けて、アップルが今なお消費者の心を掴んで離さないのは「アップルがもたらしてきた数々の革命」によるものだとし、消費者は往々にして「革新をもたらす企業を崇拝し、追随して模倣する企業を蔑むものだ」と主張。

 さらに、サムスンが2010年に発売したGALAXY S1はスティーブ・ジョブズを怒らせるほど「出来の良い模倣品」だったとする一方、それによって 「模倣によって成長したという固定概念が定着してしまった」と指摘。アップルとサムスンに対する消費者のブランド価値は「アップルは創造者であり、サムス ンは模倣者」という認識になってしまい、サムスンが劣勢に置かれている原因の1つになっていると論じた。
(引用ここまで)

 ここで引用されているのはあくまでも中国の消費者の認識ですが。
 あれだけパクリ事件が大きく報道されていた以上、全世界にわたってていどの差こそあれども同じ認識があると考えて差し支えないでしょうね。

 すなわち、アップルは創造者。
 そして、サムスンが模倣者。
 んでもってシャオミも模倣者

 同じような模倣者から出てる製品だったら安いほうがいいよねっていうのは、消費者心理として当然のところですかね。
 Androidでやれることが変わるというわけでもなし。
 カメラやCPU、GPUで多少は差がついていてももはや見逃せるレベルの差しかありません。

 その一方でアップルはiPodから10年以上をかけてブランドを作り上げてきて、忠誠度の高い顧客が存在している。
 で、かつiTMSやアプリで集金できるというシステムを作り上げている、と。

 一般には「スマートフォンを販売している」ので同じように見られているアップルとサムスン電子ですが、その内実はなにもかもが違っているのですよ。
 特に集金システムの有無が大きい……というか、最大の差異はここですよね。
 よく「サムスンにシェアを奪われたアップルは焦った」みたいな報道がありましたけど、スマートフォン単体のシェアがサムスン電子に分があろうと、アップルはそんなことは気にしてはいなかったんじゃないかなぁ。

 見据えていたのは同じように集金システムを持っているGoogleとの戦いであって、サムスンを叩いたのはAndroid勢の筆頭だったからというだけの理由じゃないかなと、いまでは思います。
 デザインをパクられていたっていうのも小さくない理由ではあると思いますけどね。
 対サムスンの戦いは終結しつつありますが、アップルの戦いはまだまだこれからではないかと。