李舜臣大橋が異常に「振動」で全車両が緊急避難(毎日経済)

>全羅南道麗水市ミョドドンと光陽グムホドンをつなぐ李大橋で激しい揺れが発生し、車両と船舶の通行が全面禁止となった。

26日消防当局と警察によると、この日の午後6時から午後6時10分の間に「李大橋がひどく揺れる」という内容の通報が相次いだ。何台かのダンプの運転手はあまりにも李大橋が激しく揺れるため、車だけ残して避難したという。

消防当局と警察は万が一の状況に備えて、この日の午後6時20分から光陽麗水側の李大橋に進入する車両を全面規制した。さらに6時44分には海上を往来する船舶の進入制御を完了し、6時57分頃には李大橋の上にあった車両をすべて移動させた。一帯の交通を制御した。

通報があった時刻、全羅南道麗水には秒速8mほどの風が吹いていた。全南道の関係者は「このていどの風であれば橋の揺れに大きな影響を与えるものではないと判断している」とし「クラックなどの異常の兆候の可能性もあるとみて原因を調査する」と説明した。

一部では、現在進行中の李大橋道路舗装工事が揺れ現象の原因になることがあるという分析も出ている。李大橋は最近麗水で光陽方向2車線道路の舗装工事を終 え、現在は光陽で麗水方向2車線の道路舗装工事を進めている。包装された天板に被せられたカバーが風に揺られながら、振動が発生したということだ。

李大橋は主塔と主塔間の距離がなんと1545mに達し、国内で最も長く、世界でも日本の明石大橋(1991m)などに続いて四番目に長い。
(引用ここまで)

isunshin_bridge


 この李舜臣大橋(李大橋)、2012年8月の麗水万博のために建造された吊り橋です。
 当時からアスファルトの破損がひどくて、万博後に全面通行止めしてアスファルトの全面再舗装とかをしていたのですよね。
 で、2013年の2月に再開通。

 でも再舗装後も工事が荒かったのか、アスファルトの剥離が判明。
 今年に入って夏前にまた全面通行止めにして再舗装していた……はずです。
 そろそろ工事が終わる時期だったような。
 当時は「またやってるよー」くらいの認識で、エントリにもしなかったのですが。

 本格的にやばい予感がしますね。
 「韓国に世界で4番目に長い橋が開通」と事実を書いただけでも、けっこう危険な香りがしますよね。

 「李舜臣落ちる!」とか面白いかもしれません。
 少なくとも人死にがなければ。
 ……だからテボを橋の上でやっちゃいけないとあれほど。