韓国軍への戦作権転換、2020年代半ばに延期(中央日報)
韓国軍への作戦権移管 「冷静に考えるべき」=大統領府(聯合ニュース)

>韓国軍への戦時作戦統制権(戦作権)転換時期が2020年代半ばに延期される。韓民求(ハン・ミング)国防部長 官とヘーゲル米国防長官は23日(現地時間)、ワシントンで第46回韓米定例安保協議(SCM)を開き、このように合意した。両長官は「条件に基づいた戦 作権転換のための了解覚書(MOU)」を締結し、15項目の共同声明を発表した。

両国が合意した戦作権転換条件は▼安定的な戦作権転換が可能な韓半島(朝鮮半島)および領域内安保環境▼戦作権転換後に韓米連合防衛を主導できる韓国軍の軍事能力▼北朝鮮の核・ミサイル脅威に対する韓国軍の対応能力確保−−の3つ。

国防部の当局者は「特定の年度を明記しなかったが、目標時点はある」とし「韓国がキルチェーンなど北の核・ミサイル防御システムを2020年代初期までに備える計画だが、遅れる可能性もあり、2020年半ばを目標に決めた」と述べた。
(引用ここまで)

韓国青瓦台(大統領府)の閔庚旭(ミン・ギョンウク)報道官は24日の会見で、2015年末に予定していた韓米連合軍司令官(在 韓米軍司令官兼務)から韓国軍への有事作戦統制権移管の再延期が朴槿恵(パク・クネ)大統領の公約破棄にあたるとの指摘について、「いかなる場合も移管の 時期を守るべきという公約の履行より、国の安全という現実的な観点から冷静に考えなければならない」と述べた。

 朴大統領は2012年末に行われた大統領選で有事作戦統制権移管について「滞りなく準備すべき」と公約していた。このため野党などは、移管の再延期に関し大統領の謝罪を求めるなど攻勢を強めている。
(引用ここまで)

 とりあえずは2020年代半ばに統制権返還を目指すという努力目標。
 でも、実際には合意書に期日を書いていないのでなんとでもどうとでも。
 韓国にもアメリカにも都合のいい解釈が可能ですね。

 アメリカが本格的に韓国を見捨てるのであれば「2020年代なんてどこに書いてある?」って言えますし、2020年代半ばになるにしても実際にそれほど悪い話でもない。
 もちろん、交渉カードのひとつとしてはまだまだ使えますしね。

 ここ数ヶ月、韓国の指向が中国一辺倒からアメリカのほうに向いてきているのでその流れという部分もあるのでしょう。まだまだ大きな流れは中国指向だとは思いますが。
 相場が右肩下がりでも反騰するタイミングがあるようなもんじゃないかなと。

 公約云々に関しては……韓国の大統領の公約なんて守られた試しがないですし。
 野党からぐだぐだ言われたら「ノ・ムヒョンと同じくらいには守るつもりがありますよ」とでも言ってやればいいと思いますけどね。

指揮権発動 検察の正義は失われた
小川敏夫
朝日新聞出版
2013-12-03